MVP Community Camp 2014

MVP Community Camp
Sep 22 - Sep 26, 2014
 
 
MVP Community Camp (ComCamp) は、 Microsoft MVP として知られる技術エキスパートと技術コミュニティのリーダーがお届けする、どなたでもご参加いただける ICT 勉強会です。年間を通して繰り広げられる本イベントは、四半期ごとに開催される 3 つのオンラインセミナーと、年に 1 回のペースで開催されるカンファレンスにより構成されています。
 
今年度最初の ComCamp Week は 9 月 22 日(月)から 26 日(金)までとなり、8 か国の MVP によるオンラインセミナーが配信されます。すべてのセミナーは誰でもどこからでもアクセス可能で、最新のトレンドやテクノロジーに関するセッションが業界のリーダーにより解説されます。
 
イベント会期中は、「Go Cloud!」をテーマに、中小企業向けインフラのクラウド移行について、設計から展開、実装まで深い造詣と経験を持つマイクロソフト技術のエキスパート、Microsoft MVP が、次のようなトピックを分かりやすく解説いたします。
  • クラウド上でのインフラの開発方法
  • Microsoft Azure を活用したアプリケーションの構築方法
  • 中小企業ビジネスを支えるマイクロソフトのクラウド テクノロジー
 
  
オンライン セミナー
 
2014 年 9 月 22 日(月)-26 日(金)
ComCamp Week 期間中は、世界各国の MVP による 35 のオンライン セミナーを、クラウドに特化した幅広いトピックでお届けいたします。
 
 
プログラム
 
Day 1
Day 2
Day 3
Day 4
Day 5
設計フェイズ
展開フェイズ
実装フェイズ
Microsoft Cloud は中小企業のビジネスインフラをどのように強くするか
これからのアプリケーション開発 / クラウド環境におけるWebサイト・社内アプリケーションの構築方法
ユニバーサル アプリケーションとは?- デバイスに依存しないアプリケーション開発
System Center/Intuneで会社のインフラを「管理」する - オンプレミス・クラウドの運用管理
Office 365 and Yammer ~ 組織を強くする最新のクラウド サービスとコミュニケーション プラットフォーム
 
 
セッション スケジュール
 
My イベントよりご自身の登録されたすべてのセッションをご確認いただけます。
 
Day 1: 設計フェイズ - Microsoft Cloud は中小企業のビジネス インフラをどのように強くするか
Sep 22, 2014
セッション
スピーカー
ご登録
8:00 pm - 9:00 pm

Session Level: 初級(日本語)

本セッションでは、これから先、社内システムをクラウドに移行するために必要となるMicrosoft Azure のセキュリティを担保する仕組み、Microsoft Azureの使い方やそのメリットを紹介いたします。
Microsoft MVP for System Center Cloud and Datacenter Management
register
7:00 pm - 8:00 pm

Session Level: 中級(英語)

マイクロソフト クラウドを使用して開発できるビジネス アプリケーションの作成方法をシナリオとワークロード ベースで紹介いたします。クラウドだけでなく、オンプレミス環境とともに「どのように複数あるプラットフォームを適材適所で使い分けるのか」、組織に適したアプリケーション開発手法をご提案いたします。
Elaine Van Bergen (オーストラリア)
Microsoft MVP for SharePoint Server
register 
7:00 pm - 8:00 pm

Session Level: 初級(英語)

企業は選択肢の一つとして自身でサーバー保持や環境を構築することなく、Microsoft Azureをプラットフォームとして利用できます。本セッションではMicrosoft AzureがIaaSとして提供しているいくつかの機能、Virtual Machine, 仮想ネットワーク、ストレージ、リカバリーサービス、StoreSimpleなど取り上げ、Microsoft Azureが企業のインフラ ニーズをどのように満たすことができるかをご紹介いたします。

Daniel Mar(シンガポール)
Microsoft MVP for System Center Cloud and Datacenter Management
register
11:30 pm - 0:30 am

Session Level: 中級(英語)

時は金なりといいますが、昨今のビジネス スピードに企業がついていくためにITの進化を待つ時代はもう終わりました。では、企業が必要とするときにIT部門は拡張的で柔軟性のあるインフラをグローバルに展開し、一定のSLAを保つといったニーズをどのように実現できるでしょうか。このセッションではMicrosoftクラウド技術を徹底的に掘り下げて説明します。

Niraj Bhatt(インド)
Microsoft MVP for Microsoft Azure
register
Day 2: 設計フェイズ - これからのアプリケーション開発 / クラウド環境におけるWebサイト・社内アプリケーションの構築方法
Sep 23, 2014
セッション
スピーカー
ご登録
8:00 pm - 9:00 pm

Session Level: 初級 – 上級(日本語)

Windows Server 2003 のサポート期限が2015年7月に迫ってきました。もちろんオンプレミス環境のまま OSをアップデートする手段もありますが、クラウドにアプリケーションを移動する選択肢も現実的な選択肢になっています。

本セッションではアプリケーションとデータを中心としたオンプレミス資産をクラウドに移行する方法について説明いたします。

Microsoft MVP for Microsoft Azure
register
7:00 pm - 8:00 pm

Session Level: 中級 – 上級(英語)

Microsoft Azureは企業のWebベース アプリケーションを展開するために必要な拡張性、堅牢性を持ったクラウド プラットフォームです。Webアプリケーションの要件を満たすために必要な機能が十分に用意されています。アプリケーションはスクラッチからの開発も、テンプレートからも作成することができます。マイクロソフト以外の技術、言語でも使用可能です。本セッションを通じてMicrosoft Azure上での開発の可能性についてご紹介いたします。

June Tabadero (オーストラリア)
Microsoft MVP for Visual Basic
register
7:00 pm - 8:00 pm

Session Level: 中級(英語)

アプリケーションやWebサイトをクラウド環境に構築することは、今や一般的となっており、開発者に必要なスキルの一つになっています。それだけではなく、アプリケーションの価値は、同時接続性の担保でもアプリケーションのリッチさでもなく、スケーラビリティへの対応と早いリズムで変化するビジネス要件への追従です。

クラウド上のアプリケーション開発の場合、インターネットの帯域制御など考慮しなければならない別の側面もあります。CDNの利用、キャッシュ手法、データ ストレージをどのように設定するのかなど、高可用性と冗長性を考慮したアプリケーション開発を中心にご説明いたします。

Rudy Setyo Purnomo (インドネシア)
Microsoft MVP for Microsoft Azure
register
11:30 pm - 0:30 am

Session Level: 中級 – 上級(英語)

本セッションでは Azure Webサイトを簡単な手順で作成する方法、さらにサイトをユーザーの使いやすいものへ拡張する方法を解説いたします。豊富なデモを中心にセッションをおこないます。

Abhishek Sur (インド)
Microsoft MVP for ASP.NET/IIS
register
Day 3: 展開フェイズ - ユニバーサル アプリケーションとは?- デバイスに依存しないアプリケーション開発
Sep 24, 2014
セッション
スピーカー
ご登録
8:00 pm - 9:00 pm

Session Level: 中級(日本語)

iPhone/Androidに代表されるモバイル端末が登場し、それを支えるバックエンドとしてクラウドが登場した昨今、ライフスタイルやワークスタイルが大きく変化してきています。それに伴い多様化/複雑化するアプリケーション開発における最近のトレンドが何か、それらがどのような流れで登場してきたのか、今後どのような技術を選択すると良いかなどを、広くご紹介させて頂きます。

Microsoft MVP for Visual C#
register
7:00 pm - 8:00 pm
Session Level: 上級(英語)
本セッションでは最近のアプリケーション開発のトレンドを紹介いたします。また最新の開発をサポートするツール、Visual Studio, C#, Xamarinなどデモを交えてご紹介いたします。
Nick Randolph (オーストラリア)
Microsoft MVP for Windows Platform Development


June Tabadero (オーストラリア)
Microsoft MVP for Microsoft Azure
register
7:00 pm - 8:00 pm

Session Level: 中級(英語)

Visual StudioはWindows アプリ(デスクトップApp、ストアApp)、Windows Phoneアプリの開発を容易にするクラス ライブラリをこれまでも備えていましたが、2013ではユニバーサル アプリケーション開発にも対応し、プラットフォームをまたがるアプリケーションの開発を可能にしました。Visual Studioの進化は止まるところを知りませんが、Xamarinと組み合わせることにより、Android, iOSアプリの開発も可能です。本セッションではこのVisual Studioのマルチ プラットフォーム開発における優位性をご紹介いたします。 

Eriawan Kusumawardhono (インドネシア)
Microsoft MVP for Visual F#
register
11:30 pm - 0:30 am

Session Level: 上級(英語)

本セッションでは “End to End” クロス プラットフォーム(iOS, Android)に対応したモバイル アプリケーションをVisual StudioとXamarinを用いて開発する手法を紹介いたします。それぞれのOS、ディバイスに最適なアプリケーションの作成方法を確認してみましょう。

Mayur Tendulkar(インド)
Microsoft MVP for Windows Platform Development
register
Day 4: 展開フェイズ – System Center/Intuneで会社のインフラを「管理」する - オンプレミス・クラウドの運用管理
Sep 25, 2014
セッション
スピーカー
ご登録
8:00 pm - 9:00 pm

Session Level: 中級(日本語)

System Center 2012は様々なインフラを管理、運用するのに有益な製品です。管理対象はマイクロソフト社製品だけに限らず、他社製品も含まれています。

オンプレミスでのプライベート クラウド構築からパブリック クラウド含めたハイブリッド クラウドの管理まで。非常に幅広い領域をカバーするSystem Centerの全体観や管理者に特に注目してほしいポイントをお伝えいたします。

Microsoft MVP for Windows Expert-IT Pro
register
7:00 pm - 8:00 pm

Session Level: 中級(英語)

本セッションでは、統合管理手法を通じて、クラウド環境、オンプレミス環境を効果的に、またもっとも簡単に、コストを削減することができるシステム構築を行うことができるかを説明いたします。

Nirmal Thewarathanthri (オーストラリア)
Microsoft MVP for Cluster
register
7:00 pm - 8:00 pm

Session Level: 中級(英語)

本セッションではSystem Centerの構成と、関連するコンポーネントをご紹介し、どのようにデータセンターや、クラウドとオンプレミスのハイブリット環境を管理できるかを説明します。管理や監視に際して必要になる重要な設定項目や実際に役立つコツなども取り上げます。 

Raymond Chou (マレーシア)
Microsoft MVP for System Center Cloud and Datacenter Management
register
11:30 pm - 0:30 am

Session Level: 中級(英語)

Microsoft System Centerは複数のコンポーネントから成り立つスイート製品で、企業インフラを効率よく管理することができます。展開プロセスの最適化、ポリシーの準拠など多くのことを成し得ることができますが、これらの機能を利用することによりIT技術者はコスト削減や高品質な社内サービスを提供できるようになります。本セッションを通し、具体的な管理手法を確認しましょう。 

PTC Aman Sahota (インド)
マイクロソフト社員
register
Day 5: 実装フェイズ - Office 365 & Yammer ~ 組織を強くする最新のクラウド サービスとコミュニケーション プラットフォーム
Sep 26, 2014
セッション
スピーカー
ご登録
8:00 pm - 9:00 pm

Session Level: 中級(日本語)

本セッションでは、Office365の導入を検討、もしくは導入したがメールなどの一部機能の利用のみで、いまいち活用しきれていないと感じていらっしゃる中小企業のIT担当の方に対して、Office365と上手く付き合っていく方法や活用のヒントを紹介いたします。

Microsoft MVP for Office 365
register
7:00 pm - 8:00 pm

Session Level: 中級(英語)

企業組織は人と人とのネットワークから成り立っています。Facebookを企業向けにカスタマイズして使用する方法もありますが、「Yammer」は組織内の複雑な人のつながりを簡素に表現しまとめることができます。より効率の良い仕事環境をYammerを利用して提供する手法を説明いたします。

Shane Hoey (オーストラリア)
Microsoft MVP for Lync
register
7:00 pm - 8:00 pm

Session Level: 中級(英語)

企業がなぜ組織内でのソーシャル ネットワーキング使用を禁止するかに関しては、多くの議論がなされてきました。2012年にマイクロソフトがYammerを買収したことにより、この組織内でのソーシャル ネットワーキングの考え方にも変化が生じました。今はどのように組織内でのソーシャル ネットワーキングをビジネスに活用するかを考える時代です。本セッションではYammerのプラットフォームのご紹介、5つの際立った機能を中心にお役立ち情報をご紹介いたします。 

Poo Ching Loong (マレーシア)
Microsoft MVP for Office 365
register
11:30 pm - 0:30 am

Session Level: 中級(英語)

本セッションではOffice 365の製品紹介と展開の際に必要なセットアップ手法を解説いたします。 

Amardeen Singh (インド)
Microsoft MVP for SharePoint Server
register
 
Like us on Facebook