Microsoft Docs - 最新記事

docs.microsoft.com は、Microsoft 技術文書の新しいホームとして、コンテンツの Web エクスペリエンスだけでなく、ソリューションを学習、管理、デプロイするために使用するコンテンツを作成およびサポートする方法も新しくしました。 ここには、マイクロソフトのテクノロジに関連するすべてのものが統合されています。docs.microsoft.com 上の新着情報とエキサイティングな情報を常に取り入れられるようにするために、専用のフィードを作成しました。


Selected Feed: Azure

入口での保護

https://docs.microsoft.com/ja-jp/enterprise-mobility-security/solutions/protect-front-door Enterprise Mobility + Security を使用して、Microsoft Azure Active Directory Identity Protection および Azure Active Directory Privileged Identity Management の機能を活用して会社のリソースに安全にアクセスするために ID を保護する方法を説明するシナリオです。
Published Date : 2019年9月17日

ユーザーのミスからデータを保護

https://docs.microsoft.com/ja-jp/enterprise-mobility-security/solutions/protect-data-user-mistake Enterprise Mobility + Security を使用して、Cloud App Security と Azure Information Protection 機能を利用することで、ユーザーのミスから企業のデータを保護しデータ損失を回避する方法を説明するシナリオです。
Published Date : 2019年9月17日

何千ものアプリ、1 つの ID

https://docs.microsoft.com/ja-jp/enterprise-mobility-security/solutions/thousands-apps-one-identity この記事では、Enterprise Mobility + Security を使って、Azure Active Directory のツールを活用することにより、あらゆる Web ベースのアプリで機能する単一の ID を提供する方法について説明します。
Published Date : 2019年9月17日

米国政府機関サービス向け Enterprise Mobility + Security の説明

https://docs.microsoft.com/ja-jp/enterprise-mobility-security/solutions/ems-govt-service-description EMS GCC High プランは月次サブスクリプションで、ユーザーごとにライセンスが付与されます。
Published Date : 2019年9月17日

大量のアクセスの管理

https://docs.microsoft.com/ja-jp/enterprise-mobility-security/solutions/manage-access-at-scale この記事では、Enterprise Mobility + Security を使用して、Azure Active Directory のツールを活用することにより、ID アクセス管理で組織を支援する方法について説明します。
Published Date : 2019年9月17日

多要素認証を登録する方法

https://docs.microsoft.com/ja-jp/enterprise-mobility-security/solutions/fasttrack-how-to-enroll-in-mfa 追加のセキュリティ確認で好みの方法を設定する方法
Published Date : 2019年9月17日

国境なきビジネスを可能にする

https://docs.microsoft.com/ja-jp/enterprise-mobility-security/solutions/enable-business-without-borders この記事では、Enterprise Mobility + Security を使って、クラウドとオンプレミスの資産で機能する単一の ID を提供し、Azure Active Directory のツールを活用してユーザーの生産性を最大限に維持する方法について説明します。
Published Date : 2019年9月17日

Azure Information Protection Premium Government のサービスの説明

https://docs.microsoft.com/ja-jp/enterprise-mobility-security/solutions/ems-aip-premium-govt-service-description Azure Information Protection Premium Government のサービスの説明の目的は、当該プランの概要について説明することです
Published Date : 2019年9月17日

クラウド活用による保護

https://docs.microsoft.com/ja-jp/enterprise-mobility-security/solutions/cloud-powered-protection この記事では、Enterprise Mobility + Security を使用して、包括的なセキュリティ ツール群を提供することで率先して ID を支援し、組織において Azure Active Directory と合わせてツールを活用することでセキュリティの脅威に応える方法について説明します。
Published Date : 2019年9月17日

攻撃による損害が発生する前に検出する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/enterprise-mobility-security/solutions/detect-attacks-before-damage Enterprise Mobility + Security を使用し、Advanced Threats Analytics、Cloud App Security、および Azure Active Directory Premium を利用して、攻撃による損害が発生する前に企業データを保護する方法について説明するシナリオです。
Published Date : 2019年9月17日

データのセキュリティ保護における Azure Information Protection の役割

https://docs.microsoft.com/ja-jp/enterprise-mobility-security/solutions/azure-information-protection-securing-data この記事では、組織のデータを安全に保つための Azure Information Protection の役割について説明します。
Published Date : 2019年9月17日

Enterprise Mobility + Security のドキュメント

https://docs.microsoft.com/ja-jp/enterprise-mobility-security/ Microsoft Enterprise Mobility + Security の技術ドキュメント
Published Date : 2019年9月17日

Move to Azure plan: get started - Partner Center

https://docs.microsoft.com/en-us/partner-center/azure-plan-get-started Microsoft has introduced a new Azure commerce experience in CSP for partners who have signed the Microsoft Partner Agreement called the Azure plan.  ... The Azure plan allows you to provide Azure services at pay-as-you-go rates for your customers under the Microsoft Customer Agreement.
Published Date : 2019年9月17日

クラウド サービスを使用したオンプレミス インフラストラクチャの補完 - Configuration Manager

https://docs.microsoft.com/ja-jp/sccm/core/understand/use-cloud-services オンプレミスのインフラストラクチャを補足するための System Center Configuration Manager 用クラウド リソースをプロビジョニングします。
Published Date : 2019年9月17日

クラウド配布ポイントのインストール - Configuration Manager

https://docs.microsoft.com/ja-jp/sccm/core/servers/deploy/configure/install-cloud-based-distribution-points-in-microsoft-azure 以下の手順を使用し、Configuration Manager でクラウド配布ポイントを設定します。
Published Date : 2019年9月17日

新バージョン 1802 - Configuration Manager

https://docs.microsoft.com/ja-jp/sccm/core/plan-design/changes/whats-new-in-version-1802 Configuration Manager のバージョン 1802 で導入された変更点および新機能について説明します。
Published Date : 2019年9月17日

非推奨の機能 - Configuration Manager

https://docs.microsoft.com/ja-jp/sccm/core/plan-design/changes/deprecated/removed-and-deprecated-cmfeatures Configuration Manager でサポートされなくなった機能について説明します。
Published Date : 2019年9月17日

チュートリアル: 既存の Configuration Manager クライアントの共同管理を有効にする - Configuration Manager

https://docs.microsoft.com/ja-jp/sccm/comanage/tutorial-co-manage-clients 既に Configuration Manager を使用して Windows 10 デバイスを管理している場合に、Microsoft Intune との共同管理を構成します。
Published Date : 2019年9月17日

共同管理ワークロードを切り替える - Configuration Manager

https://docs.microsoft.com/ja-jp/sccm/comanage/how-to-switch-workloads Configuration Manager で現在管理されているワークロードを Microsoft Intune に切り替える方法について説明します。
Published Date : 2019年9月17日

Blob Storage アプリと ETag および BLOB リースでコンカレンシーをサポートする - Learn

https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/modules/support-concurrency-blob-storage/ このモジュールでは、Blob Storage でのコンカレンシーを管理するためのアプリケーション コードを実装する方法を学習します。
Published Date : 2019年9月17日

エンタープライズ向け Windows Subsystem for Linux

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/enterprise エンタープライズ環境で Windows Subsystem for Linux を最適に使用する方法に関するリソースと手順です。
Published Date : 2019年9月17日

Visual Studio 2019 for Mac - プレビュー リリース ノート

https://docs.microsoft.com/ja-jp/visualstudio/releasenotes/vs2019-mac-preview-relnotes プレビュー バージョンをダウンロードすることでリリース前にテストできる、Visual Studio for Mac の新機能および今後の機能のリリース ノートです。
Published Date : 2019年9月17日

AzureInformationProtection

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azureinformationprotection/ These cmdlets are installed with the Azure Information Protection unified labeling client and can be used with Azure Information Protection only.
Published Date : 2019年9月17日

Remove-AIPScannerRepository (AzureInformationProtection)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azureinformationprotection/remove-aipscannerrepository This cmdlet is deprecated for the current version of the Azure Information Protection scanner. Instead, use the Azure portal to configure the scanner. The scanner is not currently supported for the Azure Information Protection unified labeling client.
Published Date : 2019年9月17日

Uninstall-AIPScanner (AzureInformationProtection)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azureinformationprotection/uninstall-aipscanner The Uninstall-AIPScanner cmdlet uninstalls the Windows Server service, Azure Information Protection Scanner. This command does not remove the SQL Server database that was created by running the Install-AIPScanner cmdlet when the Azure Information Protection scanner was installed. If this database is no longer required, you must manually remove it. The default database name for the scanner is AIPScanner_&amplt;computer_name&ampgt; but when you specify a profile name, the database name for the scanner changes to AIPScanner_&amplt;profile&ampgt;. This command also does not remove the scanner reports located in %localappdata%\Microsoft\MSIP\Scanner\Reports. To run this command, you must have local Administrator rights for the Windows Server computer and you must restart the computer after running the command to complete the removal process. The scanner is not currently supported for the Azure Information Protection unified labeling client.
Published Date : 2019年9月17日

Add-AIPScannerScannedFileTypes (AzureInformationProtection)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azureinformationprotection/add-aipscannerscannedfiletypes This cmdlet is deprecated for the current version of the Azure Information Protection scanner. Instead, use the Azure portal to configure the scanner. The scanner is not currently supported for the Azure Information Protection unified labeling client.
Published Date : 2019年9月17日

Set-AIPFileLabel (AzureInformationProtection)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azureinformationprotection/set-aipfilelabel For the Azure Information Protection client, the Set-AIPFileLabel cmdlet sets or removes an Azure Information Protection label for one or more files. This action can automatically apply or remove protection when labels are configured for protection in the Azure Information Protection policy. When the command runs successfully, any existing label or protection can be replaced. You cannot create or edit labels by using PowerShell but must do this by using the Azure portal. For instructions, see Configuring the Azure Information Protection policy. For the Azure Information Protection unified labeling client, the Set-AIPFileLabel cmdlet sets or removes an Office 365 sensitivity label for one or more files. This action can automatically apply protection when labels are configured to apply encryption. Additionally, you can use this cmdlet to apply custom permissions when they are created as an ad-hoc protection policy object with the New-AIPCustomPermissions cmdlet. When the command runs successfully, any existing label or protection can be replaced. For both clients, you can run this cmdlet non-interactively. For instructions, see the following documentation in the admin guides: Azure Information Protection client: How to label files non-interactively for Azure Information Protection. Azure Information Protection unified labeling client: How to label files non-interactively for Azure Information Protection. NOTE: When you run this cmdlet with the Azure Information Protection unified labeling client, there are other differences from the Azure Information Protection client: The Owner parameter is not supported. SharePoint Server paths are not supported. When a file isn&#x27t labeled because it was manually labeled, there was no match for the conditions that you specified, or the file had a higher classification, the file is skipped with the single comment of &ampquot;No label to apply&ampquot;.
Published Date : 2019年9月17日

Set-AIPAuthentication (AzureInformationProtection)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azureinformationprotection/set-aipauthentication The Set-AIPAuthentication cmdlet sets credentials by using an access token so that you can sign in as a different user and also use the labeling cmdlets non-interactively. For example, you want to use the Azure Information Protection scanner to continually discover and automatically label and protect files in multiple data stores. Or, you want to run a scheduled PowerShell script that automatically labels and protects files on a file server by using the Set-AIPFileClassification or Set-AIPFileLabel cmdlets. Or, you have a data loss prevention (DLP) solution that that you want to augment by automatically labeling and protecting files that this solution identifies. If you run this cmdlet without parameters, the account acquires an Azure AD access token that is valid for 90 days or until your password expires. To control when the access token expires, run this cmdlet with parameters. This lets you configure the access token for 1 year, 2 years, or to never expire. This configuration requires you to have two applications registered in Azure Active Directory: A web app &#x2F API application and a native application. Use these applications to supply the parameters for the Set-AIPAuthentication cmdlet. For instructions, see How to label files non-interactively for Azure Information Protection from the admin guide. This cmdlet includes a Token parameter that you cannot specify the first time you run this cmdlet, but can specify subsequently. The first time that you run this cmdlet, it generates an access token that you can copy to the clipboard and then specify when you run the cmdlet again. By specifying the access token with this cmdlet, you are not prompted to sign in. Use this method for service accounts that cannot be granted the right to log on locally. For full instructions, see Specify and use the Token parameter for Set-AIPAuthentication from the admin guide. When the Azure AD access token expires, you must rerun the cmdlet to acquire a new token. The Azure Information Protection unified labeling client supports a new parameter, OnBehalfOf, which accepts a stored variable that contains your specified user name and password. Use this parameter instead of the Token parameter.
Published Date : 2019年9月17日

Set-AIPScannerConfiguration (AzureInformationProtection)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azureinformationprotection/set-aipscannerconfiguration The Set-AIPScannerConfiguration cmdlet sets local configuration settings for the Azure Information Protection scanner. You configure most of the scanner configuration settings in the Azure portal, but must use this cmdlet if you need to import configuration settings from a file because the scanner cannot support online configuration, or if you need to change the report level for the locally created reports. Any changes will be used the next time the scanner runs. If you need the changes to take effect immediately, restart the Azure Information Protection Scanner service on the Windows server computer. The scanner is not currently supported for the Azure Information Protection unified labeling client.
Published Date : 2019年9月17日

Set-AIPFileClassification (AzureInformationProtection)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azureinformationprotection/set-aipfileclassification The Set-AIPFileClassification cmdlet can automatically apply a label for one or more files when you configure labels for automatic classification. For more information, see the following: For the Azure Information Protection client: How to configure conditions for automatic and recommended classification for Azure Information Protection. For the Azure Information Protection unified labeling client: Apply a sensitivity label to content automatically. When this cmdlet is run, it inspects the file contents and if the configured conditions are met for a label, that label is applied. This action will automatically apply protection if the selected label applies protection. For the Azure Information Protection client, because labels support removing protection, protection can also be removed from files when you run this cmdlet. By default, if the file already has a label, the existing label or protection is not replaced. For both clients, you can run this cmdlet non-interactively. For instructions, see the following documentation in the admin guides: Azure Information Protection client: How to label files non-interactively for Azure Information Protection. Azure Information Protection unified labeling client: How to label files non-interactively for Azure Information Protection. NOTE: When you run this cmdlet with the Azure Information Protection unified labeling client, there are differences from the Azure Information Protection client: The Owner parameter is not supported. SharePoint Server paths are not supported. When a file isn&#x27t labeled because it was manually labeled, there was no match for the conditions that you specified, or the file had a higher classification, the file is skipped with the single comment of &ampquot;No label to apply&ampquot;. The WhatIf parameter is supported. You can use the WhatIf mode with DiscoveryInfoTypes to find known sensitive information types.
Published Date : 2019年9月17日

Update-AIPScanner (AzureInformationProtection)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azureinformationprotection/update-aipscanner The Update-AIPScanner cmdlet updates the database schema for the Azure Information Protection scanner and if required, the scanner service account is also granted delete permissions for the scanner database. For more information about upgrading the scanner, see Upgrading the Azure Information Protection scanner from the admin guide. Run this cmdlet with an account that has the database-level role of db_owner for the database that the scanner is using (named AzInfoProtectionScanner). After the upgrade, the scanner changes how it gets its configuration settings. Instead of using PowerShell to configure the scanner locally, the scanner is now configured from the Azure Information Protection service, by using the Azure portal. The scanner is not currently supported for the Azure Information Protection unified labeling client.
Published Date : 2019年9月17日

Start-AIPScan (AzureInformationProtection)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azureinformationprotection/start-aipscan The Start-AIPScan instructs the Azure Information Protection scanner to immediately start a one-time scan cycle. The scanner service must be started already and the scanner schedule must be configured for a manual schedule. To configure the schedule, use the Azure portal to configure the scanner. By default, all files are scanned the first time the scanner runs and then, unless the Azure Information Protection policy is changed, only new or changed files are scanned. However, you can change this behavior when you use the -Reset parameter with this cmdlet, which forces the scanner to scan all files. If the scanner schedule is set to Always, this cmdlet is ignored. The scanner is not currently supported for the Azure Information Protection unified labeling client.
Published Date : 2019年9月17日

Install-AIPScanner (AzureInformationProtection)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azureinformationprotection/install-aipscanner The Install-AIPScanner cmdlet installs and configures the Azure Information Protection Scanner service on a computer running Windows Server 2019, Windows Server 2016, or Windows Server 2012 R2. The Azure Information Protection scanner uses this service to scan files on data stores that use the Server Message Block (SMB) protocol, and on SharePoint on premises. By using the conditions that you configure for automatic classification in the Azure Information Protection policy, files that this scanner discovers can then be labeled. Labels apply classification, and optionally, apply protection or remove protection. For more information about how to configure the Azure Information Protection policy, see Configuring the Azure Information Protection policy. You must run this cmdlet before you run any other cmdlet for the Azure Information Protection scanner. The command creates a Windows service named Azure Information Protection Scanner. It also creates and configures a database on SQL Server to store configuration and operational information for the scanner. The service that you specify to run the scanner is automatically granted the required rights to read and write to the database that is created. The default database name for the scanner is AIPScanner_&amplt;computer_name&ampgt;. When you specify a profile name by using the Profile parameter, the database name for the scanner changes to AIPScanner_&amplt;profile_name&ampgt;. To run this command, you must have local administrator rights for the Windows Server computer, and Sysadmin rights on the instance of SQL Server that you will use for the scanner. After you have run this command, use the Azure portal to configure the settings in the scanner profile and specify the data repositories to scan. Before you run the scanner, you must run the Set-AIPAuthentication cmdlet one time to sign in to Azure AD for authentication and authorization. For step-by-step instructions to install, configure, and use the scanner, see Deploying the Azure Information Protection scanner to automatically classify and protect files. The scanner is not currently supported for the Azure Information Protection unified labeling client.
Published Date : 2019年9月17日

Get-AIPScannerConfiguration (AzureInformationProtection)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azureinformationprotection/get-aipscannerconfiguration The Get-AIPScannerConfiguration cmdlet gets the configuration settings for the Azure Information Protection scanner. With the current version of the scanner, configuration settings are configured in the Azure portal so the Get-AIPScannerConfiguration cmdlet displays only the settings and values that you can configure with Set-AIPScannerConfiguration cmdlet. These settings are whether the scanner gets its configuration online or from a file that you export from the Azure portal, and the report level for the locally created reports. In addition, if you run Import-AIPScannerConfiguration, this action automatically configures the scanner to get its configuration offline. As a result, when you run this Get-AIPScannerConfiguration cmdlet after importing settings from a file, OnlineConfiguration displays Off. The scanner is not currently supported for the Azure Information Protection unified labeling client.
Published Date : 2019年9月17日

Set-AIPScannerScannedFileTypes (AzureInformationProtection)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azureinformationprotection/set-aipscannerscannedfiletypes This cmdlet is deprecated for the current version of the Azure Information Protection scanner. Instead, use the Azure portal to configure the scanner. The scanner is not currently supported for the Azure Information Protection unified labeling client.
Published Date : 2019年9月17日

Set-AIPScanner (AzureInformationProtection)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azureinformationprotection/set-aipscanner The Set-AIPScanner cmdlet updates the service account and SQL Server database instance for the Azure Information Protection scanner. Use this command when you want to change the account or database details that was previously specified, for example, when you installed the scanner by running the Install-AIPScanner cmdlet. The new configuration takes effects when the Azure Information Protection Scanner service is next started. This cmdlet does not automatically restart this service. The scanner is not currently supported for the Azure Information Protection unified labeling client.
Published Date : 2019年9月17日

Get-AIPScannerRepository (AzureInformationProtection)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azureinformationprotection/get-aipscannerrepository This cmdlet is deprecated for the current version of the Azure Information Protection scanner. Instead, use the Azure portal to configure the scanner. The scanner is not currently supported for the Azure Information Protection unified labeling client.
Published Date : 2019年9月17日

Get-AIPFileStatus (AzureInformationProtection)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azureinformationprotection/get-aipfilestatus The Get-AIPFileStatus cmdlet returns the Azure Information Protection status of a specified file or all files in a specified path. This status includes whether the file has a label, and if it does, the label name, who applied it, how it was applied, and when. The status also includes whether the file is protected by Rights Management, and if it is, what Rights Management template was used to apply this protection. If the file was protected with custom permissions (an ad-hoc rights policy) instead of a template, &ampquot;Restricted Access&ampquot; is displayed instead of the template name. In addition, the Rights Management owner and Rights Management issuer is displayed, and when the file was protected. Note that password-protected files always return the protection status of False. You can run this cmdlet non-interactively. For instructions, see the following documentation in the admin guides: Azure Information Protection client: How to label files non-interactively for Azure Information Protection. Azure Information Protection unified labeling client: How to label files non-interactively for Azure Information Protection. NOTE: If you have the Azure Information Protection unified labeling client, there are other differences from the Azure Information Protection client: This cmdlet returns label information from your own tenant only and the LabelingSiteId parameter is not displayed in the output. The Owner and RMSIssuedTime parameters are not supported and are not displayed in the output. SharePoint Server paths are not supported. The LabelingMethod parameter displays the values of Privileged or Standard instead of Manual or Automatic: Privileged: A label was applied by a user, either manually or a result of a labeling recommendation, and is the equivalent of Manual for the Azure Information Protection client. Standard: A label was applied automatically, and is the equivalent of Automatic for the Azure Information Protection client.
Published Date : 2019年9月17日

Set-AIPScannerRepository (AzureInformationProtection)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azureinformationprotection/set-aipscannerrepository This cmdlet is deprecated for the current version of the Azure Information Protection scanner. Instead, use the Azure portal to configure the scanner. The scanner is not currently supported for the Azure Information Protection unified labeling client.
Published Date : 2019年9月17日

Clear-AIPAuthentication (AzureInformationProtection)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azureinformationprotection/clear-aipauthentication The Clear-AIPAuthentication cmdlet resets the user settings for the Azure Rights Management service. For a list of files and registry entries that are deleted, see the following sections from the admin guides: Classic client: More information about the Reset Settings option Unified labeling client: More information about the Reset Settings option For the unified labeling client, files in %LocalAppData%\Microsoft\MSIP\AppDetails are not deleted if you authenticate by using a token from Azure AD when you run Set-AIPAuthentication. In addition, for both clients, all Rights Management templates from the %LocalAppData%\Microsoft\MSIPC\msip folder are deleted for the current user. Rights Management templates are not deleted from the %LocalAppData\Microsoft\MSIPC folder that Office uses.
Published Date : 2019年9月17日

Remove-AIPScannerScannedFileTypes (AzureInformationProtection)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azureinformationprotection/remove-aipscannerscannedfiletypes This cmdlet is deprecated for the current version of the Azure Information Protection scanner. Instead, use the Azure portal to configure the scanner. The scanner is not currently supported for the Azure Information Protection unified labeling client.
Published Date : 2019年9月17日

Get-AIPScannerStatus (AzureInformationProtection)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azureinformationprotection/get-aipscannerstatus The Get-AIPScannerStatus returns the current status of the scanner service for Azure Information Protection. Possible values: Offline: The service is not started. Idle: The service is running but not currently scanning. Scanning: The service is running and currently scanning files. Error: The scanner service is running but it has encountered an error that prevents it from scanning files. For example, the service cannot access the database for the scanner configuration. The scanner is not currently supported for the Azure Information Protection unified labeling client.
Published Date : 2019年9月17日

Add-AIPScannerRepository (AzureInformationProtection)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azureinformationprotection/add-aipscannerrepository This cmdlet is deprecated for the current version of the Azure Information Protection scanner. Instead, use the Azure portal to configure the scanner. The scanner is not currently supported for the Azure Information Protection unified labeling client.
Published Date : 2019年9月17日

Import-AIPScannerConfiguration (AzureInformationProtection)

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azureinformationprotection/import-aipscannerconfiguration The Import-AIPScannerConfiguration cmdlet imports local configuration settings for the Azure Information Protection scanner, and automatically configures the scanner to use offline configuration. Use this cmdlet after you have configured a profile for the scanner in the Azure portal, and exported the settings to a file because the scanner can&#x27t connect to the Azure Information Protection service. For example, the computer running the scanner doesn&#x27t have Internet connectivity. If you need to make configuration changes to the scanner after you have run this cmdlet, make those changes in the Azure portal, export the profile again, and rerun this cmdlet. If you want to change the scanner to use online configuration after you have run this cmdlet, use the Set-AIPScannerConfiguration and set the OnlineConfiguration parameter to On. Any changes will be used the next time the scanner runs. If you need the changes to take effect immediately, restart the Azure Information Protection Scanner service on the Windows server computer. The scanner is not currently supported for the Azure Information Protection unified labeling client.
Published Date : 2019年9月17日

Azure Virtual Machines に Oracle アプリをデプロイするアーキテクチャ

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/workloads/oracle/oracle-oci-applications Azure または Oracle Cloud Infrastructure (OCI) のデータベースを使用して、Microsoft Azure 仮想マシンに E-Business Suite、JD Edwards EnterpriseOne、PeopleSoft などの Oracle アプリをデプロイするアプリケーション アーキテクチャ。
Published Date : 2019年9月17日

Azure Resource Manager のリソース プロバイダー操作

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/role-based-access-control/resource-provider-operations Microsoft Azure Resource Manager の各リソース プロバイダーで使用できる操作の一覧です
Published Date : 2019年9月17日

Azure SQL Database のドキュメント - チュートリアル、API リファレンス

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/sql-database/ Azure でデータベースを作成する。 ... 高度なセキュリティAzure AD 認証、仮想ネットワーク、ファイアウォール、Always Encrypted 接続でデータベースをセキュリティ保護できます。 ... 5 分間のクイック スタート Azure SQL Database により、Azure portal、Azure CLI、Azure PowerShell を使用して基本的な管理タスクを簡単に実行することができます。
Published Date : 2019年9月17日

Azure Service Bus メッセージングのドキュメント - チュートリアル、クイック スタート、API リファレンス

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/service-bus-messaging/ .NETJavaNode.jsPHPPythonRubyAzure ポータルAzure CLIAzure PowerShell ステップバイステップのチュートリアル Azure Service Bus を使用してメッセージの作成、管理、送受信を行う方法について説明します。 ... Azure PowerShellAzure CLI リファレンス コマンド ラインAzure PowerShellAzure CLILanguages.NET Framework.NET StandardJavaNode.jsRESTREST API リファレンス
Published Date : 2019年9月17日

Azure リソースの組み込みロール

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/role-based-access-control/built-in-roles ロールベースのアクセス制御 (RBAC) および Azure リソースのための組み込みロールについて説明します。 Actions、NotActions、DataActions、NotDataActions を一覧表示します。
Published Date : 2019年9月17日

Microsoft Azure での安全な開発に関するドキュメント

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/security/develop/ Microsoft のサンプル アプリ、ベスト プラクティス、ガイダンスを使用して、セキュリティで保護されたアプリケーションを Azure で開発してデプロイする方法について説明します。 ... 作業開始Azure でのセキュリティで保護された Web アプリケーションの開発Microsoft Learn でスキルを身に付けるWeb アプリのセキュリティ項目の上位 5 つ 安全なサンプル アプリ Linux コンテナー内の Web アプリ 概念 安全な開発のベスト プラクティス リソース Microsoft Security Code AnalysisThreat Modeling Tool
Published Date : 2019年9月17日

RBAC と Azure CLI を使用して Azure リソースへのアクセスを管理する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/role-based-access-control/role-assignments-cli ロールベースのアクセス制御 (RBAC) と Azure CLI を使用してユーザー、グループ、アプリケーションの Azure リソースへのアクセスを管理する方法について説明します。 具体的には、アクセス権の一覧表示、付与、削除などを取り上げます。
Published Date : 2019年9月17日

Azure リソースに対する RBAC の変更のアクティビティ ログを表示する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/role-based-access-control/change-history-report 過去 90 日間の Azure リソースに対するロールベースのアクセス制御 (RBAC) の変更のアクティビティ ログを表示します。
Published Date : 2019年9月17日

Azure リソースのカスタム ロール

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/role-based-access-control/custom-roles Azure リソースの詳細なアクセス管理を行うために、ロールベースのアクセス制御 (RBAC) を使用してカスタム ロールを作成する方法について説明します。
Published Date : 2019年9月17日

RBAC と Azure PowerShell を使用して Azure リソースへのアクセスを管理する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/role-based-access-control/role-assignments-powershell ロールベースのアクセス制御 (RBAC) と Azure PowerShell を使用して、ユーザー、グループ、およびアプリケーションの Azure リソースへのアクセスを管理する方法について説明します。 具体的には、アクセス権の一覧表示、付与、削除などを取り上げます。
Published Date : 2019年9月17日

RBAC を使用して外部ユーザーの Azure リソースへのアクセスを管理する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/role-based-access-control/role-assignments-external-users ロールベースのアクセス制御 (RBAC) を使用して、組織外のユーザーの Azure リソースへのアクセスを管理する方法について説明します。
Published Date : 2019年9月17日

Azure リソースの RBAC のトラブルシューティング

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/role-based-access-control/troubleshooting Azure リソースのロールベースのアクセス制御 (RBAC) に関する問題を解決します。
Published Date : 2019年9月17日

従来のサブスクリプション管理者ロール、Azure RBAC ロール、および Azure AD 管理者ロール

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/role-based-access-control/rbac-and-directory-admin-roles Azure のロールである、従来のサブスクリプション管理者ロール、Azure ロールベース アクセス制御 (RBAC) ロール、および Azure Active Directory (Azure AD) 管理者ロールのそれぞれについて説明します
Published Date : 2019年9月17日

Azure AD Privileged Identity Management (PIM) で Azure リソースへのアクセスを管理する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/role-based-access-control/pim-azure-resource Azure Active Directory Privileged Identity Management (PIM) とロールベースのアクセス制御 (RBAC) を使用して Azure リソースへのアクセスを管理する方法について説明します。
Published Date : 2019年9月17日

RBAC と Azure portal を使用して Azure リソースへのアクセスを管理する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/role-based-access-control/role-assignments-portal ロールベースのアクセス制御 (RBAC) と Azure portal を使用して、ユーザー、グループ、サービス プリンシパル、およびマネージド ID の Azure リソースへのアクセスを管理する方法について説明します。 具体的には、アクセス権の一覧表示、付与、削除などを取り上げます。
Published Date : 2019年9月17日

RBAC と REST API を使用して Azure リソースへのアクセスを管理する - Azure

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/role-based-access-control/role-assignments-rest ロールベースのアクセス制御 (RBAC) と REST API を使用してユーザー、グループ、アプリケーションの Azure リソースへのアクセスを管理する方法について説明します。 具体的には、アクセス権の一覧表示、付与、削除などを取り上げます。
Published Date : 2019年9月17日

Azure リソースのロールベースのアクセス制御 (RBAC) の概要

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/role-based-access-control/overview Azure リソースのロールベースのアクセス制御 (RBAC) の概要について説明します。 ロールの割り当てを使用して、Azure リソースへのアクセスを制御します。
Published Date : 2019年9月17日

Azure Active Directory での条件付きアクセスを使用して Azure 管理へのアクセスを管理する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/role-based-access-control/conditional-access-azure-management Azure AD での条件付きアクセスを使用して、Azure 管理へのアクセスを管理する方法について説明します。
Published Date : 2019年9月17日

Azure リソースのロールベースのアクセス制御 (RBAC) に関するドキュメント

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/role-based-access-control/ Azure のリソースにアクセスできるユーザー、そのユーザーがそれらのリソースに対して実行できること、そのユーザーがアクセスできる領域を管理するためのロールベースのアクセス制御 (RBAC) について学習します。
Published Date : 2019年9月17日

Azure のすべてのサブスクリプションと管理グループを管理する目的でアクセス権を昇格させる

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/role-based-access-control/elevate-access-global-admin Azure portal または REST API を使用し、Azure Active Directory ですべてのサブスクリプションと管理グループを管理する目的で、全体管理者のアクセス権を昇格させる方法について説明します。
Published Date : 2019年9月17日

このリリースの新機能 - Azure Machine Learning service

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/machine-learning/service/azure-machine-learning-release-notes Azure Machine Learning service と Machine Learning および Data Prep Python SDK の最新情報について説明します。
Published Date : 2019年9月17日

アーキテクチャと主要な概念 - Azure Machine Learning service

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/machine-learning/service/concept-azure-machine-learning-architecture Azure Machine Learning service を構成するアーキテクチャ、用語、概念、およびワークフローについて説明します。
Published Date : 2019年9月17日

Azure Machine Learning service とは

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/machine-learning/service/overview-what-is-azure-ml Azure Machine Learning service の概要。これは、高度な分析アプリケーションの開発、実験、デプロイをクラウド規模で行うプロフェッショナルなデータ サイエンティスト向けの統合されたエンドツーエンドのデータ サイエンス ソリューションです。
Published Date : 2019年9月17日

Machine Learning のドキュメント - Azure

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/machine-learning/ Azure Machine Learning には、機械学習モデルと大規模なパイプラインのトレーニングとデプロイを迅速に行える Web インターフェイスと SDK が用意されています。 PyTorch、TensorFlow、scikit-learn など、オープンソースの Python フレームワークと共にこれらの機能を使用します。
Published Date : 2019年9月17日

Azure Key Vault の概要 - Azure Key Vault

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/key-vault/key-vault-overview Azure Key Vault は、セキュリティで保護されたシークレット ストアとして機能するクラウド サービスです。
Published Date : 2019年9月17日

Azure IoT Documentation

https://docs.microsoft.com/en-us/azure/iot-fundamentals/ The Azure Internet of Things (IoT) is a collection of Microsoft-managed cloud services that connect, monitor, and control billions of IoT assets.
Published Date : 2019年9月17日

Azure HDInsight

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/hdinsight/ Azure HDInsight は、Apache Spark、Apache Hive、Apache Kafka、Apache HBase などを実行できるようにするマネージド Apache Hadoop クラウド サービスです。
Published Date : 2019年9月17日

Azure Event Hubs のドキュメント

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/event-hubs/ Event Hubs を使用して、接続されたデバイスやアプリケーションから毎秒数百万のイベントを取り込む方法について説明します。
Published Date : 2019年9月17日

Azure Digital Twins プレビューのドキュメント - チュートリアル、API リファレンス

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/digital-twins/ Azure Digital Twins を使用してスマートな空間ソリューションを作成します。
Published Date : 2019年9月17日

Azure Data Share プレビューのドキュメント - チュートリアル、攻略ガイド

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/data-share/ Azure Data Share プレビューは、サードパーティの組織とデータを共有するためのセキュリティで保護された安全なサービスです。
Published Date : 2019年9月17日

Azure Data Lake Analytics

https://docs.microsoft.com/en-us/azure/data-lake-analytics/ Azure Data Lake Analytics allows you to run big data analysis jobs that scale to massive data sets.
Published Date : 2019年9月13日

Azure Logic Apps のコネクタ

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/connectors/apis-list Azure Logic Apps のコネクタ (組み込み、マネージド、オンプレミス、統合アカウント、およびエンタープライズ コネクタなど) についてワークフローを自動化する
Published Date : 2019年9月17日

Azure Logic Apps から SharePoint に接続する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/connectors/connectors-create-api-sharepoint Azure Logic Apps を使用して、オンプレミスの SharePoint Online または SharePoint Server のリソースを監視および管理するタスクとワークフローを自動化します
Published Date : 2019年9月17日

API ドキュメント - Form Recognizer - Azure Cognitive Services

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cognitive-services/form-recognizer/ Form Recognizer を使用して、フォーム ドキュメントからキーと値のデータをインテリジェントに抽出する方法について説明します。
Published Date : 2019年9月17日

Custom Vision API のドキュメント - クイック スタート、チュートリアル、API リファレンス - Azure Cognitive Services

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cognitive-services/custom-vision-service/ Custom Vision を使用して、カスタム イメージの分類をビルド、デプロイ、および向上させる方法について説明します。 チュートリアルでは、この API を使用するアプリを構築する方法を説明します。
Published Date : 2019年9月17日

API ドキュメント - Computer Vision - Azure Cognitive Services

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cognitive-services/computer-vision/ Computer Vision を使用して画像を処理し、情報を返す方法を説明します。 チュートリアルでは、この API を使用するアプリを構築する方法を説明します。
Published Date : 2019年9月17日

Anomaly Detector API - チュートリアル、クイックスタート、API リファレンス - Azure Cognitive Services

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cognitive-services/anomaly-detector/ Anomaly Detector API を使用すると、データを経時的に監視し、機械学習により異常を検出できます。 分量、業種、シナリオを問わず、データに関する分析情報が得られます。
Published Date : 2019年9月17日

Azure Blockchain Service のドキュメント - チュートリアル、API リファレンス

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/blockchain/service/ ブロックチェーン アプリケーションの作成方法について説明します。 チュートリアル、API リファレンス、その他のドキュメントでは、Azure Blockchain Service を使用して Azure でブロックチェーン アプリケーションを作成、開発、管理する方法を紹介します。
Published Date : 2019年9月17日

Azure Portal でサポートされるブラウザーとデバイス

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-portal/azure-portal-supported-browsers-devices Azure ポータルを利用できるブラウザーとデバイスについて説明します。
Published Date : 2019年9月17日

Azure Monitor でサポートされているメトリック (リソースの種類別)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-monitor/platform/metrics-supported Azure Monitor で使用できるメトリックの一覧 (リソースの種類別) です。
Published Date : 2019年9月17日

Azure Monitor での Azure Log Analytics VM 拡張機能のトラブルシューティング

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-monitor/platform/vmext-troubleshoot Windows および Linux Azure VM の Log Analytics VM 拡張機能で最も一般的な問題の現象、原因、解決方法を説明します。
Published Date : 2019年9月17日

Azure Monitor のビュー デザイナー パーツに関するリファレンス ガイド

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-monitor/platform/view-designer-parts Azure Monitor のビュー デザイナーを使用すると、Azure portal に表示されるカスタム ビューを作成し、Log Analytics ワークスペース内でデータをさまざまな方法で視覚化することができます。 この記事は、カスタム ビューで使用可能な視覚化パーツの設定のリファレンス ガイドです。
Published Date : 2019年9月17日

Azure Monitor でログ データを分析するビューを作成する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-monitor/platform/view-designer Azure Monitor のビュー デザイナーを使用すると、Azure portal に表示されるカスタム ビューを作成し、Log Analytics ワークスペースのデータをさまざまな方法で視覚化することができます。 この記事では、ビュー デザイナーの概要と、カスタム ビューの作成と編集を行うための手順について説明します。
Published Date : 2019年9月17日

Azure Resource Manager テンプレートを使用して Log Analytics ワークスペースの作成と構成を行う

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-monitor/platform/template-workspace-configuration Azure Resource Manager テンプレートを使用して、Log Analytics ワークスペースの作成と構成を実行できます。
Published Date : 2019年9月17日

Azure Monitor のビュー デザイナー タイルに関するリファレンス ガイド

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-monitor/platform/view-designer-tiles Azure Monitor のビュー デザイナーを使用すると、Azure portal に表示されるカスタム ビューを作成し、Log Analytics ワークスペースのデータをさまざまな方法で視覚化することができます。 この記事は、カスタム ビューで使用可能なタイルの設定へのリファレンス ガイドです。
Published Date : 2019年9月17日

Azure Monitor ビューのフィルター

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-monitor/platform/view-designer-filters Azure Monitor ビューのフィルターを使用すると、ユーザーはビュー自体を変更せずに、特定のプロパティの値によってビュー内のデータをフィルター処理することができます。 この記事では、フィルターの使用方法およびカスタム ビューへの追加方法について説明します。
Published Date : 2019年9月17日

Azure Monitor ログの使用量とコストを管理する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-monitor/platform/manage-cost-storage Azure Monitor で Log Analytics ワークスペースの料金プランを変更し、データ ボリュームとアイテム保持ポリシーを管理する方法について説明します。
Published Date : 2019年9月17日

Azure Monitor での使用量と推定コストの監視

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-monitor/platform/usage-estimated-costs Azure Monitor の [使用量と推定コスト] ページの利用プロセスの概要
Published Date : 2019年9月17日

Azure Diagnostics 拡張機能 1.3 以降の構成スキーマ

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-monitor/platform/diagnostics-extension-schema-1dot3 スキーマがバージョン 1.3 以降の Azure Diagnostics は、Microsoft Azure SDK 2.4 以降に付属しています。
Published Date : 2019年9月17日

Event Hubs への Azure 監視データのストリーミング

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-monitor/platform/stream-monitoring-data-event-hubs パートナー SIEM または分析ツールにデータを取り込むために Azure 監視データをイベント ハブにストリーム配信する方法について学習します。
Published Date : 2019年9月17日

Operations Manager を Azure Monitor に接続する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-monitor/platform/om-agents Operations Manager とワークスペースを統合することで、System Center Operations Manager への投資を維持しながら、Log Analytics で拡張機能を利用することができます。
Published Date : 2019年9月17日

OMS ポータルの Azure への移行

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-monitor/platform/oms-portal-transition OMS ポータルは、すべての機能が Azure portal に移行されるのに伴い、非推奨となります。 この記事では、今回の切り替えの詳細について説明します。
Published Date : 2019年9月17日