Microsoft Docs - 最新記事

docs.microsoft.com は、Microsoft 技術文書の新しいホームとして、コンテンツの Web エクスペリエンスだけでなく、ソリューションを学習、管理、デプロイするために使用するコンテンツを作成およびサポートする方法も新しくしました。 ここには、マイクロソフトのテクノロジに関連するすべてのものが統合されています。docs.microsoft.com 上の新着情報とエキサイティングな情報を常に取り入れられるようにするために、専用のフィードを作成しました。


Selected Feed: .Net

What's new March- Bot Composer

https://docs.microsoft.com/en-us/composer/what-is-new Learn about improvements and new features in the March 2021 release of Bot Framework Composer, including authoring improvements, integrated testing, and new preview features, including Orchestrator.
Published Date : 2021年3月30日

System.IO 名前空間

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.io ファイルとデータ ストリームに対する読み書きを可能にする型、およびファイルとディレクトリに対する基本的なサポートを提供する型が含まれます。 Contains types that allow reading and writing to files and data streams, and types that provide basic file and directory support.
Published Date : 2018年4月30日

System.Data.EntityClient 名前空間

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.data.entityclient System.Data.EntityClient 名前空間は、Entity Framework 用の .NET Framework Data Provider です。 The System.Data.EntityClient namespace is the .NET Framework Data Provider for the Entity Framework.
Published Date : 2018年4月30日

System.Web.Hosting 名前空間

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.hosting Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) 外のマネージド アプリケーションから ASP.NET アプリケーションをホストする機能を提供します。 Provides the functionality for hosting ASP.NET applications from managed applications outside Microsoft Internet Information Services (IIS).
Published Date : 2018年4月30日

FileSystemWatcher クラス (System.IO)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.io.filesystemwatcher ファイル システムの変更通知を待機し、ディレクトリまたはディレクトリ内のファイルが変更されたときにイベントを発生させます。Listens to the file system change notifications and raises events when a directory, or file in a directory, changes.
Published Date : 2018年4月30日

System.Speech.Recognition 名前空間

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.speech.recognition 音声認識の実装に必要な Windows Desktop Speech テクノロジの種類が含まれています。 Contains Windows Desktop Speech technology types for implementing speech recognition.
Published Date : 2018年4月30日

System.Runtime.Serialization 名前空間

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.runtime.serialization オブジェクトのシリアル化と逆シリアル化に使用できるクラスが含まれています。 Contains classes that can be used for serializing and deserializing objects. シリアル化とは、別の場所へのストレージまたは伝送のために、オブジェクトまたはオブジェクトのグラフをバイトのリニア シーケンスに変換するプロセスです。 Serialization is the process of converting an object or a graph of objects into a linear sequence of bytes for either storage or transmission to another location. 逆シリアル化は、格納された情報を取得し、その情報からオブジェクトを再作成する処理です。 Deserialization is the process of taking in stored information and recreating objects from it.
Published Date : 2018年4月30日

System.DirectoryServices.ActiveDirectory 名前空間

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.directoryservices.activedirectory Microsoft Active Directory サービス タスクを想定して設計された、高レベルの抽象化オブジェクト モデルを提供しています。 Provides a high level abstraction object model that builds around Microsoft Active Directory services tasks. フォレスト、ドメイン、サイト、サブネット、パーティション、スキーマなど、Active Directory サービスの概念も、このオブジェクト モデルの一部として組み込まれています。 The Active Directory service concepts such as forest, domain, site, subnet, partition, and schema are part of the object model.
Published Date : 2018年4月30日

Microsoft.JScript 名前空間

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/microsoft.jscript JScript 言語を使用したコンパイルとコード生成をサポートするクラスが含まれています。 Contains classes that support compilation and code generation using the JScript language.
Published Date : 2018年4月30日

System.Web.UI.Design.WebControls 名前空間

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.design.webcontrols Web サーバー コントロールのデザイン時サポートの拡張に使用できるクラスが含まれます。 Contains classes that can be used to extend design-time support for Web server controls.
Published Date : 2018年4月30日

TableLayoutControlCollection(TableLayoutPanel) コンストラクター (System.Windows.Forms)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.windows.forms.tablelayoutcontrolcollection.-ctor TableLayoutControlCollection クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the TableLayoutControlCollection class.
Published Date : 2018年4月30日

IOException クラス (System.IO)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.io.ioexception I/O エラーが発生したときにスローされる例外。The exception that is thrown when an I/O error occurs.
Published Date : 2018年4月30日

System.Web.ClientServices 名前空間

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.clientservices Microsoft Ajax 認証、ロール、およびプロファイル サービスに Windows ベースのアプリケーションでアクセスするためのクラスがあります。 Provides classes that support access in Windows-based applications to the Microsoft Ajax authentication, roles, and profiles services.
Published Date : 2018年4月30日

ActivatableWorkflowsQueryResult クラス (System.Activities.DurableInstancing)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.activities.durableinstancing.activatableworkflowsqueryresult インスタンス ストアに対してQueryActivatableWorkflowsCommand を実行した結果を格納します。Contains the results from executing the QueryActivatableWorkflowsCommand against an instance store.
Published Date : 2018年4月30日

System.Web.UI.HtmlControls 名前空間

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.htmlcontrols Web Forms ページに HTML サーバー コントロールを作成するときに使用するクラスが含まれます。 Contains classes that allow you to create HTML server controls on a Web Forms page. HTML サーバー コントロールはサーバー上で実行され、ほとんどのブラウザーでサポートされる標準の HTML タグに直接割り当てられます。 HTML server controls run on the server and map directly to standard HTML tags supported by most browsers. これを使用すると、Web フォーム ページの HTML 要素をプログラムによって制御できます。 This allows you to programmatically control the HTML elements on a Web Forms page.
Published Date : 2018年4月30日

System.Web.ModelBinding 名前空間

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.modelbinding データ オブジェクトを ASP.NET Web Forms サーバー コントロールにバインドするためのクラスを提供します。 Provides classes that enable you to bind data objects to ASP.NET Web Forms server controls.
Published Date : 2018年4月30日

System.Windows.Forms 名前空間

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.windows.forms Microsoft Windows オペレーティング システムに用意されている豊富なユーザー インターフェイス機能を最大限に活用する、Windows ベースのアプリケーションを作成するためのクラスが含まれています。 Contains classes for creating Windows-based applications that take full advantage of the rich user interface features available in the Microsoft Windows operating system.
Published Date : 2018年4月30日

System.Runtime.InteropServices 名前空間

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.runtime.interopservices COM 相互運用機能とプラットフォーム呼び出しサービスをサポートするさまざまなメンバーを提供します。 Provides a wide variety of members that support COM interop and platform invoke services. これらのサービスに慣れていない場合は、「アンマネージ コードとの相互運用」をご覧ください。 If you are unfamiliar with these services, see Interoperating with Unmanaged Code.
Published Date : 2018年4月30日

System.Data 名前空間

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.data ADO.NET アーキテクチャを表すクラスにアクセスできるようにします。 Provides access to classes that represent the ADO.NET architecture. ADO.NET を使用すると、複数のデータ ソースのデータを効率的に管理するコンポーネントを構築できます。 ADO.NET lets you build components that efficiently manage data from multiple data sources.
Published Date : 2018年4月30日

System.Xml.Serialization 名前空間

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.xml.serialization オブジェクトを XML 形式のドキュメントまたはストリームにシリアル化するために使用されるクラスが含まれています。 Contains classes that are used to serialize objects into XML format documents or streams.
Published Date : 2018年4月30日

System.Speech.Synthesis 名前空間

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.speech.synthesis 音声合成エンジンの初期化と構成、プロンプトの作成、音声の生成、イベントへの応答、および音声特性の変更のためのクラスが含まれています。 Contains classes for initializing and configuring a speech synthesis engine, for creating prompts, for generating speech, for responding to events, and for modifying voice characteristics.
Published Date : 2018年4月30日

Microsoft.Build.Framework 名前空間

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/microsoft.build.framework タスクおよびロガーから MSBuild エンジンとやりとりする方法を定義する型が含まれています。 Contains the types that define how tasks and loggers interact with the MSBuild engine. 詳細については、「MSBuild」をご覧ください。 For information, see MSBuild.
Published Date : 2018年4月30日

IOException コンストラクター (System.IO)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.io.ioexception.-ctor メッセージ文字列を設定して、IOException クラスのインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the IOException class with its message string.
Published Date : 2018年4月30日

System.IdentityModel.Selectors 名前空間

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.identitymodel.selectors Windows Communication Foundation (WCF) のクレームベースの ID モデルに対して認証を実装するクラスが含まれています。 Contains classes that implement authentication in the Windows Communication Foundation (WCF) claims-based identity model. .NET Framework 4.5 および .NET Framework への Windows Identity Foundation (WIF) の統合以降、WCF のクレームベースの ID モデルは WIF に置き換えられました。 Beginning with .NET Framework 4.5 and the integration of Windows Identity Foundation (WIF) into the .NET Framework, the WCF claims-based identity model has been superseded by WIF. WIF には、CLR、WCF、および ASP.NET を含む複数の Microsoft 製品スタックでの認証および承認を提供するために使用できるクレーム ベースの ID オブジェクト モデルが用意されています。 WIF provides a claims-based identity object model that can be used to provide authentication and authorization across several Microsoft product stacks, including the CLR, WCF, and ASP.NET. セキュリティ トークンを表し、セキュリティ トークンを処理するために使用される WIF クラスは System.IdentityModel.Tokens 名前空間に含まれています (SecurityToken、SecurityTokenHandler など)。 The WIF classes that represent security tokens and that are used to process security tokens are contained in the System.IdentityModel.Tokens namespace; for example, SecurityToken and SecurityTokenHandler. .NET 4.5 以降では、System.IdentityModel.Tokens 名前空間のクラスの代わりに System.IdentityModel.Selectors 名前空間のクラスを使用する必要があります。 Beginning with .NET 4.5, the classes in the System.IdentityModel.Tokens namespace should be used instead of those in the System.IdentityModel.Selectors namespace.
Published Date : 2018年4月30日

System.ServiceModel.Channels 名前空間

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.servicemodel.channels サービスのモデルのチャネルと関連するクラスを提供します。 Provides classes related to service model channels.
Published Date : 2018年4月30日

仕入先コラボレーション ユーザーの管理 - Supply Chain Management | Dynamics 365

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/supply-chain/procurement/manage-vendor-collaboration-users このトピックでは、新しい仕入先コラボレーション ユーザーのプロビジョニングの要求方法、および新しい仕入先コラボレーションの連絡先を追加する方法について説明します。
Published Date : 2017年6月20日

Microsoft のトラブルシューティングに関するドキュメント

https://docs.microsoft.com/ja-jp/troubleshoot/ Microsoft の次の商用製品に関する問題のトラブルシューティングと回避策の適用に必要なドキュメントを見つける。
Published Date : 2021年4月1日

ソリューションのインポート時に入力文字列が正しい形式エラーになってない

https://docs.microsoft.com/ja-jp/troubleshoot/dynamics-365/sales/input-string-was-not-in-a-correct-format-error Microsoft Dynamics 365 でソリューションをインポートすると、カスタム (プラグイン) アセンブリの処理時に、入力文字列がアプリケーションによってスローされた正しい形式ではないというエラーが表示されます。 解決方法を示します。
Published Date : 2021年3月31日

電子メール メッセージの送信中にエラーが発生しました

https://docs.microsoft.com/ja-jp/troubleshoot/dynamics-365/sales/error-while-sending-the-email-message メールボックスをテストして有効にするときに発生するエラーの解決策を提供します。
Published Date : 2021年3月31日

IFD および 2007 SDK エンドポイント経由でサインイン中にエラーが発生する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/troubleshoot/dynamics-365/sales/error-occurs-when-signing-in-via-ifd-and-2007-sdk-endpoints IFD および 2007 (CRM 4.0) SDK エンドポイントを使用Microsoft Dynamics CRM 2011にサインインしようとしている間にエラーが表示されます。 解決方法を示します。
Published Date : 2021年3月31日

Microsoft Dynamics CRM Outlook 診断ツールのクライアント

https://docs.microsoft.com/ja-jp/troubleshoot/dynamics-365/sales/data-collected-by-dynamics-crm-for-outlook-diagnostic-tool Outlook 用クライアントのメモリ ダンプ診断ツールによって収集Microsoft Dynamics CRMについて説明します。
Published Date : 2021年3月31日

CRM 2011 クライアントの構成時のエラー

https://docs.microsoft.com/ja-jp/troubleshoot/dynamics-365/sales/error-when-configuring-crm-2011-client Outlook 用クライアントを構成するときに発生するエラーに対するMicrosoft Dynamics CRM 2011を提供します。
Published Date : 2021年3月31日

Http サーバーが禁止例外を返しました

https://docs.microsoft.com/ja-jp/troubleshoot/dynamics-365/sales/http-server-returned-forbidden-exception Dynamics 365 のメールボックス レコードで [メールボックスを有効にする&を有効にする] ボタンを選択すると発生するエラーの解決策を提供します。
Published Date : 2021年3月31日

トラブルシューティング Windows Server Update Services (WSUS) の同期とインポートの問題 - Configuration Manager

https://docs.microsoft.com/ja-jp/troubleshoot/mem/configmgr/troubleshoot-wsus-import-sync-issues WSUS の同期とインポートが失敗した場合の一般的なシナリオについて説明します。 一般的なトラブルシューティング ガイドを提供します。
Published Date : 2021年3月22日

Outlook 構成コレクター用 Dynamics CRM によって収集されたデータ

https://docs.microsoft.com/ja-jp/troubleshoot/dynamics-365/sales/data-collected-by-dynamics-crm-for-outlook-configuration-collector この記事では、構成診断ツール用に Microsoft Dynamics CRMクライアントによって収集Microsoft Office Outlookについて説明します。
Published Date : 2021年3月31日

C++ ライブラリに関するよくある質問 - Visual C++

https://docs.microsoft.com/ja-jp/troubleshoot/cpp/faq-standard-cpp-library Standard C++ ライブラリに関する一般的な質問に答えます。
Published Date : 2020年4月20日

クラウド ネイティブの ASP.NET Core マイクロサービスに機能フラグを実装する - Learn

https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/modules/microservices-configuration-aspnet-core/ このモジュールでは、Azure App Configuration を使用して ASP.NET Core マイクロサービス アプリに機能フラグを実装する方法について説明します。
Published Date : 2020年11月23日

クラウド ネイティブの ASP.NET Core マイクロサービスに回復性を実装する - Learn

https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/modules/microservices-resiliency-aspnet-core/ このモジュールでは、Azure Kubernetes Service の ASP.NET Core マイクロサービス アプリに回復性を実装する方法について説明します。
Published Date : 2020年8月4日

クラウドネイティブの ASP.NET Core マイクロサービスを作成してデプロイする - Learn

https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/modules/microservices-aspnet-core/ このモジュールでは、ASP.NET Core マイクロサービスをコンテナー化して Azure Kubernetes Service にデプロイする手順について説明します。
Published Date : 2020年5月27日

GitHub Actions を使用してクラウドネイティブの ASP.NET Core マイクロサービスをデプロイする - Learn

https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/modules/microservices-devops-aspnet-core/ コンテナー イメージをビルドして Azure Kubernetes Service にデプロイする GitHub Actions を実装します。
Published Date : 2020年9月16日

クラウドネイティブの ASP.NET Core マイクロサービスをインストルメント化する - Learn

https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/modules/microservices-logging-aspnet-core/ このモジュールでは、Azure Kubernetes Service の ASP.NET Core マイクロサービス アプリにログ記録と監視を実装する手順について説明します。
Published Date : 2020年10月14日

クイックスタート - Azure IoT Hub からのデバイスの制御に関するクイックスタート (.NET)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/quickstart-control-device-dotnet このクイック スタートでは、2 つのサンプル C# アプリケーションを実行します。 1 つは、Hub に接続されたデバイスをリモートで制御できるサービス アプリケーションです。 もう 1 つのアプリケーションは、ハブに接続されたリモートで制御できるデバイスをシミュレートします。
Published Date : 2020年3月4日

クイックスタート - SSH および RDP 用の Azure IoT Hub デバイス ストリームの C# クイックスタート

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/quickstart-device-streams-proxy-csharp このクイックスタートでは、IoT Hub デバイス ストリームを介した SSH および RDP シナリオを有効にする 2 つのサンプル C# アプリケーションを実行します。
Published Date : 2019年3月14日

クイック スタート:Node.js MongoDB アプリを Azure Cosmos DB に接続する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cosmos-db/create-mongodb-nodejs このクイック スタートは、Node.js で記述された既存の MongoDB アプリを Azure Cosmos DB に接続する方法を示します。
Published Date : 2019年5月21日

Azure CLI を使用して AKS クラスター上に Windows Server コンテナーを作成する - Azure Kubernetes Service

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/aks/windows-container-cli 迅速に Kubernetes クラスターを作成し、Azure CLI を使用して Azure Kubernetes Service (AKS) で Windows Server コンテナーにアプリケーションをデプロイする方法について説明します。
Published Date : 2020年7月16日

チュートリアル:カスタム イメージを作成して Azure App Service で実行する - Azure App Service

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/app-service/tutorial-custom-container Linux または Windows のカスタム イメージを作成して Azure Container Registry にプッシュし、そのイメージを Azure App Service にデプロイするためのステップ バイ ステップ ガイドです。 カスタム ソフトウェアをカスタム コンテナー内の App Service に移行する方法について説明します。
Published Date : 2020年7月16日

クイック スタート:Azure IoT からデバイスを制御する (Node.js)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/quickstart-control-device-node このクイック スタートでは、2 つのサンプル Node.js アプリケーションを実行します。 1 つのアプリケーションは、ハブに接続されたデバイスをリモートで制御できるバックエンド アプリケーションです。 もう 1 つのアプリケーションは、ハブに接続されたリモートで制御できるデバイスをシミュレートします。
Published Date : 2019年6月21日

Azure Event Hubs - リアルタイム イベントでのデータの異常を視覚化する - Azure Event Hubs

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/event-hubs/event-hubs-tutorial-visualize-anomalies チュートリアル:Microsoft Azure Event Hubs に送信されたリアルタイム イベントのデータの異常を視覚化する
Published Date : 2020年6月23日

クイックスタート - Azure IoT Hub への利用統計情報の送信に関するクイックスタート (Android)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/quickstart-send-telemetry-android このクイック スタートでは、サンプルの Android アプリケーションを実行して、シミュレートされた利用統計情報を IoT ハブに送信し、それをクラウド上で処理するために IoT ハブから読み取ります。
Published Date : 2019年3月15日

クイックスタート - Azure IoT Hub への利用統計情報の送信に関するクイックスタート (iOS)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/quickstart-send-telemetry-ios このクイック スタートでは、サンプルの iOS アプリケーションを実行して、IoT Hub にシミュレートされた利用統計情報を送信し、クラウドで処理するために IoT Hub から利用統計情報を読み取ります。
Published Date : 2019年4月3日

クイック スタート:Java を使用して Azure IoT Hub からデバイスを制御する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/quickstart-control-device-java このクイック スタートでは、2 つのサンプル Java アプリケーションを実行します。 1 つのアプリケーションは、ハブに接続されたデバイスをリモートで制御できるバックエンド アプリケーションです。 もう 1 つのアプリケーションは、ハブに接続されたリモートで制御できるデバイスをシミュレートします。
Published Date : 2019年6月21日

IoT DevKit AZ3166 を Azure IoT Hub に接続する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/iot-hub-arduino-iot-devkit-az3166-get-started このチュートリアルでは、IoT DevKit AZ3166 を設定して Azure IoT Hub に接続し、Azure クラウド プラットフォームにデータを送信する方法について説明します。
Published Date : 2021年4月29日

クイックスタート - SSH および RDP 用の Azure IoT Hub デバイス ストリームの Node.js クイックスタート

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/quickstart-device-streams-proxy-nodejs このクイックスタートでは、IoT Hub デバイス ストリームを介した SSH および RDP シナリオを有効にするためにプロキシとして機能するサンプル Node.js アプリケーションを実行します。
Published Date : 2019年3月14日

Azure IoT Hub Device Provisioning Service のカスタム割り当てポリシー

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-dps/how-to-use-custom-allocation-policies Azure IoT Hub Device Provisioning Service (DPS) でカスタム割り当てポリシーを使用する方法
Published Date : 2021年1月26日

クイック スタート:カスタム イベントをストレージ キューに送信する - Event Grid、Azure CLI - Azure Event Grid

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/event-grid/custom-event-to-queue-storage クイック スタート:Azure Event Grid と Azure CLI を使用して、トピックを発行したり、そのイベントをサブスクライブしたりします。 ストレージ キューはエンドポイントに対して使われます。
Published Date : 2021年2月2日

チュートリアル:マネージド ID を使用してデータにアクセスする - Azure App Service

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/app-service/app-service-web-tutorial-connect-msi マネージド ID を使用してデータベース接続をより安全にする方法と、それを他の Azure サービスに適用する方法について説明します。
Published Date : 2020年4月27日

Azure Media Services v3 のクラウドベース プラットフォームのドキュメント

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/media-services/latest/ Media Services v3 を使用して、コンテンツのエンコードとパッケージ化、オンデマンドでのビデオのストリーム配信、ライブ ブロードキャスト、ビデオの分析を行う方法を説明します。
Published Date : 2021年3月25日

Media Services の用語と概念 - Azure Media Services v3

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/media-services/latest/concepts-overview Azure Media Services の用語と概念について説明します。
Published Date : 2020年8月31日

チュートリアル:ユーザーを E2E で認証する - Azure App Service

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/app-service/tutorial-auth-aad App Service の認証と承認を使用して、App Service アプリ (リモート API へのアクセスを含む) をエンド ツー エンドでセキュリティ保護する方法について説明します。
Published Date : 2021年4月26日

Azure CLI を使用したイベント ハブの作成 - Azure Event Hubs - Azure Event Hubs

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/event-hubs/event-hubs-quickstart-cli このクイック スタートでは、Azure CLI を使用してイベント ハブを作成したうえで、Java を使用してイベントの送受信を行う方法について説明します。
Published Date : 2020年6月23日

Azure App Configuration ストアからキー値を自動的にバックアップする

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-app-configuration/howto-backup-config-store App Configuration ストア間でキー値の自動バックアップを設定する方法について説明します。
Published Date : 2020年4月27日

Azure SignalR Service クライアントの認証に関するガイド

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-signalr/signalr-concept-authenticate-oauth e2e の例に従って独自の認証を実装し、それを Azure SignalR Service と統合する方法について説明します。
Published Date : 2019年11月13日

チュートリアル:カスタム イベントをハイブリッド接続に送信する - Event Grid - Azure Event Grid

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/event-grid/custom-event-to-hybrid-connection チュートリアル:Azure Event Grid と Azure CLI を使用して、トピックを発行したり、そのイベントをサブスクライブしたりします。 ハイブリッド接続はエンドポイントに使用されます。
Published Date : 2020年7月7日

クイックスタート - Azure Resource Manager テンプレート (ARM テンプレート) を使用して Azure IoT Hub デバイス プロビジョニング サービス (DPS) を作成する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-dps/quick-setup-auto-provision-rm Azure クイックスタート - Azure Resource Manager テンプレート (ARM テンプレート) を使用して Azure IoT Hub デバイス プロビジョニング サービス (DPS) を作成する方法について説明します。
Published Date : 2021年1月27日

Azure Cosmos DB の MongoDB 用 API に Go アプリケーションを接続する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cosmos-db/create-mongodb-go このクイック スタートは、Azure Cosmos DB の MongoDB 用 API に既存の Go アプリケーションを接続する方法を示します。
Published Date : 2020年4月24日

クイックスタート - Azure IoT Hub からのデバイスの制御に関するクイックスタート (Python)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/quickstart-control-device-python このクイック スタートでは、2 つのサンプル Python アプリケーションを実行します。 1 つのアプリケーションは、ハブに接続されたデバイスをリモートで制御できるバックエンド アプリケーションです。 もう 1 つのアプリケーションは、ハブに接続されたリモートで制御できるデバイスをシミュレートします。
Published Date : 2020年9月14日

クイックスタート - Azure IoT Hub からのデバイスの制御に関するクイックスタート (Android)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/quickstart-control-device-android このクイック スタートでは、2 つのサンプル Java アプリケーションを実行します。 1 つは、ハブに接続されたデバイスをリモートで制御できるサービス アプリケーションです。 もう 1 つのアプリケーションは、リモートで制御可能な、ハブに接続された物理デバイスまたはシミュレートされたデバイス上で実行されます。
Published Date : 2019年6月21日

Event Grid ソースとしての Azure Media Services - Azure Event Grid

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/event-grid/event-schema-media-services Azure Event Grid で Media Services イベント用に用意されているプロパティについて説明します
Published Date : 2020年7月7日

クイックスタート - Azure IoT Hub デバイス ストリームを使用して Node.js でデバイス アプリと通信する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/quickstart-device-streams-echo-nodejs このクイックスタートでは、デバイス ストリームを介して IoT デバイスと通信する Node.js サービス側アプリケーションを実行します。
Published Date : 2019年3月14日

チュートリアル:エンド ツー エンドのソリューションを接続する' - Azure Digital Twins

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/digital-twins/tutorial-end-to-end デバイス データによって駆動されるエンド ツー エンドの Azure Digital Twins ソリューションを構築するチュートリアル。
Published Date : 2020年4月15日

チュートリアル:Azure SQL Database を使用した ASP.NET Core - Azure App Service

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/app-service/tutorial-dotnetcore-sqldb-app Azure SQL Database に接続された .NET Core アプリを Azure App Service で動作させる方法について説明します。
Published Date : 2021年4月29日

クイックスタート - Azure IoT Hub への利用統計情報の送信に関するクイックスタート (C#)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/quickstart-send-telemetry-dotnet このクイック スタートでは、2 つのサンプル C# アプリケーションを実行して、IoT Hub にシミュレートされた利用統計情報を送信し、クラウドで処理するために IoT Hub から利用統計情報を読み取ります。
Published Date : 2020年6月1日

az search モジュールを使用した Azure CLI スクリプト - Azure Cognitive Search

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/search/search-manage-azure-cli Azure CLI を使用して Azure Cognitive Search サービスを作成および構成します。 サービスのスケールアップまたはスケールダウン、管理者およびクエリの API キーの管理、システム情報のクエリを実行できます。
Published Date : 2021年2月17日

クイックスタート - Azure IoT Hub デバイス ストリームを使用して C# でデバイス アプリと通信する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/quickstart-device-streams-echo-csharp このクイックスタートでは、IoT Hub を通じて確立されたデバイス ストリームを介して通信する 2 つのサンプル C# アプリケーションを実行します。
Published Date : 2019年3月14日

Azure Database for MariaDB からデータをコピーする - Azure Data Factory

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/data-factory/connector-azure-database-for-mariadb Azure Data Factory パイプラインでコピー アクティビティを使用して、Azure Database for MariaDB からサポートされているシンク データ ストアへデータをコピーする方法について説明します。
Published Date : 2019年9月4日

クイック スタート: Azure IoT に利用統計情報を送信する (Node.js)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/quickstart-send-telemetry-node このクイック スタートでは、2 つのサンプル Node.js アプリケーションを実行して、IoT ハブにシミュレートされた利用統計情報を送信し、クラウドで処理するために IoT ハブから利用統計情報を読み取ります。
Published Date : 2019年6月21日

クイックスタート - Azure IoT Hub への利用統計情報の送信に関するクイックスタート (C)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/quickstart-send-telemetry-c このクイック スタートでは、2 つのサンプル C アプリケーションを実行して、IoT ハブにシミュレートされた利用統計情報を送信し、クラウドで処理するために IoT ハブから利用統計情報を読み取ります。
Published Date : 2019年4月10日

クイックスタート - Azure IoT Hub デバイス ストリームを使用して C でデバイス アプリと通信する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/quickstart-device-streams-echo-c このクイックスタートでは、デバイス ストリームを介して IoT デバイスと通信する C デバイス側アプリケーションを実行します。
Published Date : 2019年8月20日

クイックスタート - SSH および RDP 用の Azure IoT Hub デバイス ストリームの C クイックスタート

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/quickstart-device-streams-proxy-c このクイックスタートでは、IoT Hub デバイス ストリームを介した SSH および RDP シナリオを有効にするためにプロキシとして機能するサンプル C アプリケーションを実行します。
Published Date : 2019年3月14日

クイック スタート:Event Grid と Azure CLI を使用してカスタム イベントを送信する - Azure Event Grid

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/event-grid/custom-event-quickstart クイック スタート Azure Event Grid と Azure CLI を使用して、カスタム トピックを発行したり、そのトピックに対するイベントをサブスクライブしたりします。 イベントは、Web アプリケーションによって処理されます。
Published Date : 2021年4月22日

チュートリアル:Media Services を使用したライブ ストリーム配信Tutorial: Stream live with Media Services - Azure Media Services v3

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/media-services/latest/stream-live-tutorial-with-api 注意 このチュートリアルでは .NET SDK の例を使用していますが、全体的な手順は REST API、CLI、またはその他のサポートされている SDK で同じです。 ... このチュートリアルでは、.NET Core を使用してライブ イベントの パススルー タイプを作成、管理する方法について説明します。 ... .NET SDK で Media Services API の使用を開始する .NET で Media Services API の使用を始めるには、AzureMediaServicesClient オブジェクトを作成する必要があります。
Published Date : 2019年6月13日

Azure Media Services v3 リリース ノート - Azure Media Services v3

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/media-services/latest/release-notes 常に最新の開発情報を把握していただけるよう、この記事では Azure Media Services v3 の最新の更新情報を提供します。
Published Date : 2021年3月17日

チュートリアル - Azure IoT ハブでメトリックとログを設定して使用する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/tutorial-use-metrics-and-diags チュートリアル - Azure IoT ハブでメトリックとログを設定して使用する方法について説明します。 これにより、ハブで発生している可能性がある問題の診断に役立つ分析のためのデータが提供されます。
Published Date : 2020年10月29日

クイックスタート - Azure IoT Hub へのテレメトリの送信に関するクイックスタート (Python)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/quickstart-send-telemetry-python このクイック スタートでは、サンプルの Python アプリケーションを実行して、IoT Hub にシミュレートされたテレメトリを送信し、IoT Hub からテレメトリを読み取ります。
Published Date : 2020年6月16日

エンドポイントとルートを管理する (API と CLI) - Azure Digital Twins

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/digital-twins/how-to-manage-routes-apis-cli Azure Digital Twins データのエンドポイントとイベント ルートを設定し、管理する方法について説明します。
Published Date : 2020年11月18日

クイック スタート:Java を使用して Azure IoT Hub に利用統計情報を送信する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/quickstart-send-telemetry-java このクイック スタートでは、2 つのサンプル Java アプリケーションを実行して、IoT ハブにシミュレートされた利用統計情報を送信し、クラウドで処理するために IoT ハブから利用統計情報を読み取ります。
Published Date : 2021年1月27日

Media Services 用の Azure Event Grid スキーマ

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/media-services/latest/monitoring/media-services-event-schemas Azure Event Grid で Media Services イベント用に用意されているプロパティについて説明します。
Published Date : 2021年3月17日

チュートリアル:新しい HoloLens Unity アプリを作成する - Azure Spatial Anchors

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/spatial-anchors/tutorials/tutorial-new-unity-hololens-app このチュートリアルでは、Azure Spatial Anchors を使用して新しい HoloLens Unity アプリを作成する方法について説明します。
Published Date : 2021年2月3日

チュートリアル:セッションやデバイス間でアンカーを共有する - Azure Spatial Anchors

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/spatial-anchors/tutorials/tutorial-share-anchors-across-devices このチュートリアルでは、バックエンド サービスを使用して、Unity で Azure Spatial Anchors 識別子を Android/iOS デバイス間で共有する方法について説明します。
Published Date : 2020年11月20日

Azure Data Explorer を仮想ネットワークにデプロイする

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/data-explorer/vnet-deployment Azure Data Explorer を仮想ネットワークにデプロイする方法について説明します
Published Date : 2019年10月31日

Exact Data Match によりカスタムの機密情報の種類を作成する - Microsoft 365 Compliance

https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/compliance/create-custom-sensitive-information-types-with-exact-data-match-based-classification 完全なデータ一致に基づく分類で、カスタムの機密情報の種類を作成する方法について説明します。
Published Date : 2021年4月1日

SharePoint Online コンテンツが SharePoint オンプレミス検索に表示されない - SharePoint

https://docs.microsoft.com/ja-jp/sharepoint/troubleshoot/search/online-content-not-displayed-in-on-premises-search SharePoint Online コンテンツがオンプレミス検索で SharePoint に表示されない問題について説明します。
Published Date : 2021年4月1日

DelegatingConfigHost.Impersonate メソッド (System.Configuration.Internal)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.configuration.internal.delegatingconfighost.impersonate ホストに対して偽装を指示し、.NET が内部的に必要とする IDisposable オブジェクトを返します。Instructs the host to impersonate and returns an IDisposable object required internally by .NET.
Published Date : 2018年4月30日

WebItem.WriteTemplate(HttpResponse, String) メソッド (Microsoft.VisualBasic.Compatibility.VB6)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/microsoft.visualbasic.compatibility.vb6.webitem.writetemplate WebItem オブジェクトに添付されている HTML テンプレートを処理し、それをブラウザーに返します。Processes an HTML template attached to a WebItem object and returns it to the browser.
Published Date : 2018年4月30日

ForestMode 列挙型 (System.DirectoryServices.ActiveDirectory)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.directoryservices.activedirectory.forestmode Forest が動作しているモードを示します。Indicates the mode in which a Forest is operating.
Published Date : 2018年4月30日