Microsoft Docs - 最新記事

docs.microsoft.com は、Microsoft 技術文書の新しいホームとして、コンテンツの Web エクスペリエンスだけでなく、ソリューションを学習、管理、デプロイするために使用するコンテンツを作成およびサポートする方法も新しくしました。 ここには、マイクロソフトのテクノロジに関連するすべてのものが統合されています。docs.microsoft.com 上の新着情報とエキサイティングな情報を常に取り入れられるようにするために、専用のフィードを作成しました。


Selected Feed: Azure

Microsoft Intune で Windows のパスコードをリセットする - Azure

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/remote-actions/device-windows-pin-reset Windows デバイスのパスコードをリセットするには、Microsoft PIN Reset Service と Microsoft PIN Reset Client をインストールし、Azure Active Directory ディレクトリ ID を使ってデバイス ポリシーを作成してから Azure Portal で Microsoft Intune を使ってパスコードをリセットします。
Published Date : 2019年11月15日

Microsoft Intune を使ってデバイスの名前を変更する - Azure

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/remote-actions/device-rename Microsoft Intune を使ってデバイスの名前を変更します。
Published Date : 2019年11月15日

Intune での iOS アクティベーション ロックをバイパスする - Microsoft Intune

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/remote-actions/device-activation-lock-bypass Intune を使用して、iOS アクティベーション ロックをバイパスし、ロックされたデバイスにアクセスする方法を説明します。
Published Date : 2019年11月15日

デバイスを Microsoft Intune と同期する - Azure

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/remote-actions/device-sync 登録または管理されているデバイスを Microsoft Intune と同期して最新のポリシーとアクションを取得します。 Azure Portal を使用して同期するための手順を示し、再試行できるエラー コードを一覧表示します。
Published Date : 2019年11月15日

Microsoft Intune - Azure でデバイスの詳細を表示する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/remote-actions/device-inventory デバイスの詳細を表示します。たとえば、オペレーティング システム、記憶域、製造元、モデルなどです。 Azure で Microsoft Intune を使用して、インストールされているアプリのリストを取得したり、コンプライアンス ポリシーを確認したり、TeamViewer をセットアップしたりします。 管理するデバイスのインベントリを表示する作業と似ています。
Published Date : 2019年11月15日

iOS デバイスのユーザーをログアウトする - Microsoft Intune

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/remote-actions/device-logout-user Intune で iOS デバイスの現在のユーザーをログアウトする方法について説明します。&quot
Published Date : 2019年11月15日

Microsoft Intune でデバイスを管理する - Azure

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/remote-actions/device-management デバイス一覧の csv 形式へのエクスポートなど、Microsoft Intune で管理するデバイスを確認します。また、Azure Active Directory に参加しているデバイスを表示したり、TeamViewer Connector を使用して IT 管理者がリモートで Android デバイスのトラブルシューティングを行えるようにしたり、デバイスで実行できるすべての操作を表示します。
Published Date : 2019年11月15日

Microsoft Intune - Azure でデバイスを再起動する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/remote-actions/device-restart 再起動リモート アクションを使用して、Azure Portal で Microsoft Intune を使用している Windows および iOS デバイスを再起動します。
Published Date : 2019年11月15日

Microsoft Intune でデバイスをロックする - Azure

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/remote-actions/device-remote-lock PIN またはパスワードで保護されているデバイスをロックするには、Microsoft Intune のリモート ロック アクションを使用します。
Published Date : 2019年11月15日

Intune でのアプリベースの条件付きアクセス - Microsoft Intune

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/protect/app-based-conditional-access-intune Intune でのアプリベースの条件付きアクセスのしくみについて説明します。
Published Date : 2019年11月15日

Microsoft Intune でデバイス パスコードをリセットする - Azure

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/remote-actions/device-passcode-reset Intune で管理または監視しているデバイスに対してパスコードの削除アクションを使用して、パスコードを削除またはリセットします。
Published Date : 2019年11月15日

Microsoft Intune で紛失 iOS デバイスを検索する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/remote-actions/device-locate Microsoft Intune のデバイスの検索機能を使用して、紛失したまたは盗まれた iOS デバイスを検索します。 デバイスの検索アクションを使用する場合は、セキュリティおよびプライバシーに関する詳細な情報を取得します。
Published Date : 2019年11月15日

Microsoft Intune を使った iOS 紛失モードの有効化 - Azure

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/remote-actions/device-lost-mode 紛失したまたは盗まれた iOS デバイスのロック画面に表示されるメッセージをカスタマイズする場合は、Microsoft Intune を使用して紛失モードをオンにするか開始します。 紛失モード アクションを使用する場合は、セキュリティおよびプライバシーに関する詳細な情報を取得します。
Published Date : 2019年11月15日

Microsoft Intune デバイスのプライマリ ユーザーを確認する。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/remote-actions/find-primary-user Intune デバイスのプライマリ ユーザー (ユーザーとデバイスのアフィニティ) を確認します。
Published Date : 2019年11月15日

クイック スタート: Intune で自動登録を設定する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/enrollment/quickstart-setup-auto-enrollment クイック スタート: Intune で Windows 10 デバイスの自動登録を設定する。
Published Date : 2019年11月15日

Microsoft Intune で Android デバイス上の Zebra モビリティ拡張機能を使用する - Azure

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/configuration/android-zebra-mx-overview Microsoft Intune を使用して、Android と一緒に Zebra モビリティ拡張機能 (MX) が稼働している Zebra デバイスを管理および使用します。 ポータル サイト アプリのインストール、アプリのサイドロード、デバイス管理者ロールの割り当て、StageNow プロファイルの作成など、すべての手順を参照してください。
Published Date : 2019年11月15日

アプリ保護ポリシーの概要 - Microsoft Intune

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/apps/app-protection-policy Microsoft Intune のアプリ保護ポリシーが、どのように会社のデータを保護し、データ損失の防止に役立つか説明します。
Published Date : 2019年11月15日

Apple ボリューム購入アプリを管理する - Microsoft Intune

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/apps/vpp-apps-ios iOS App Store と macOS App Store からボリューム購入したアプリを Microsoft Intune に同期し、その使用状況を管理して追跡する方法について説明します。
Published Date : 2019年11月15日

MAM とアプリの保護に関してよく寄せられる質問

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/apps/mam-faq この記事では、Intune モバイル アプリケーション管理 (MAM) と Intune アプリ保護に関してよく寄せられる質問に対する回答を示します。
Published Date : 2019年11月15日

Microsoft Intune にアプリを追加する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/apps/apps-add Microsoft Intune にアプリを追加して、ユーザーとデバイスにアプリを割り当てる方法を説明します。 Intune では、広範囲に及ぶさまざまな種類のアプリをサポートしています。
Published Date : 2019年11月15日

Intune を使用して iOS および Android 用の Microsoft Edge を管理する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/apps/manage-microsoft-edge Microsoft Edge で Intune アプリ保護ポリシーを使用して、企業の Web サイトが確実に保護機能付きでアクセスされるようにすることができます。
Published Date : 2019年11月15日

モバイル アプリケーション管理に関するトラブルシューティング - Microsoft Intune

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/apps/troubleshoot-mam このトピックでは、条件付きアクセスの展開に関するトラブルシューティングのヒントについて説明します。
Published Date : 2019年11月15日

Microsoft Intune で Windows 10 デバイスに PowerShell スクリプトを追加する - Azure

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/apps/intune-management-extension Microsoft Intune で Windows 10 デバイスに対して、PowerShell スクリプトの作成および実行、Azure Active Directory グループへのスクリプト ポリシーの割り当て、レポートを使用したスクリプトの監視、追加したスクリプトの削除を行います。 一般的な問題とその解決策についても説明します。
Published Date : 2019年11月15日

iOS アプリ保護ポリシー設定 - Microsoft Intune

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/apps/app-protection-policy-settings-ios このトピックでは、iOS デバイスの iOS アプリ保護ポリシー (APP) 設定について説明します。
Published Date : 2019年11月15日

Microsoft Intune でのアプリの管理とは

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/apps/app-management Microsoft Intune のプラットフォームでクライアント アプリを管理する機能について説明します。
Published Date : 2019年11月15日

Microsoft Intune のアプリ ライフサイクルの概要

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/apps/app-lifecycle Microsoft Intune で管理するアプリのライフ サイクルについて説明します。 アプリのライフ サイクルには、アプリの追加、配置、構成、保護、削除があります。
Published Date : 2019年11月15日

Android アプリ保護ポリシー設定 - Microsoft Intune

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/apps/app-protection-policy-settings-android このトピックでは、Android デバイスのアプリ保護ポリシーの設定について説明します。
Published Date : 2019年11月15日

Microsoft Edge for Windows 10 を Microsoft Intune に追加する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/apps/apps-windows-edge Microsoft Edge for Windows を Microsoft Intune に追加する方法について説明します。
Published Date : 2019年11月15日

iOS アプリ間のデータ転送を管理する - Microsoft Intune

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/apps/data-transfer-between-apps-manage-ios Microsoft Intune でモバイル アプリ管理ポリシーを使用してアプリ間でデータの転送を管理する方法について説明します。
Published Date : 2019年11月15日

ポータル サイト アプリを構成する方法 - Microsoft Intune

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/apps/company-portal-app 会社固有のブランドを Intune ポータル サイト アプリに適用する方法について説明します。
Published Date : 2019年11月15日

アプリ保護ポリシーを作成して展開する - Microsoft Intune

https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/apps/app-protection-policies このトピックでは、Microsoft Intune アプリ保護ポリシー (APP) を作成して割り当てる方法について説明します。
Published Date : 2019年11月15日

フェデレーション: Exchange 2013 ヘルプ

https://docs.microsoft.com/ja-jp/exchange/federation-exchange-2013-help 詳細については、「Azure Active Directory」を参照してください。 ... Azure AD 認証システムとのフェデレーション信頼を確立すると、組織のデジタル セキュリティ証明書が Azure AD 認証システムに置き換えられ、Azure AD 認証システムの証明書とフェデレーション メタデータが取得されます。 ... 新しい証明書は Azure AD 認証システムに公開され、Azure AD 認証システムと交換されたすべての新しいトークンが新しい証明書を使用して暗号化されます。
Published Date : 2019年11月15日

Exchange Online での先進認証によるアカウントのセットアップ

https://docs.microsoft.com/ja-jp/exchange/clients-and-mobile-in-exchange-online/outlook-for-ios-and-android/setup-with-modern-authentication 概要:先進認証が有効なアカウントを持つユーザーが、Exchange Online で iOS および Android 用の Outlook アカウントを簡単にセットアップする方法。
Published Date : 2019年11月15日

userIdentity リソースの種類 - Microsoft Graph v1.0

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/useridentity Azure AD 監査ログのコンテキストでは、これは監査アクティビティの開始または影響を受けたユーザー情報を表します。
Published Date : 2019年11月15日

unifiedRolePermission リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/unifiedrolepermission ディレクトリロールのアクセス許可は、許可されているリソースのアクションと条件の集合です。
Published Date : 2019年11月15日

unfamiliarLocationRiskEvent リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/unfamiliarlocationriskevent Azure Active Directory Id 保護によって検出された、そのユーザーの新しい場所からアカウントのサインイン試行が行われたリスクイベント。 リスクイベントに関する詳細な情報については、「Azure AD Identity Protection」のドキュメントを参照してください。
Published Date : 2019年11月15日

user リソースの種類 - Microsoft Graph v1.0

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/user Azure AD ユーザー アカウントを表します。directoryObject から継承します。
Published Date : 2019年11月15日

tiIndicator リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/tiindicator 脅威インテリジェンス (TI) インジケーターは、悪意のあるアクティビティを識別するために使用されるデータを表します。 組織が脅威指標を使用する場合 (独自の情報を生成する、オープンソースフィードから取得する、パートナー組織またはコミュニティとの共有、またはデータのフィードを購入するなど)、多くの場合、これらの指標をさまざまなセキュリティで使用することが望まれます。ログデータと照合するためのツール。 Graph Security tiIndicators エンティティを使用すると、許可、ブロック、または警告のアクションについて、脅威インジケーターを Microsoft セキュリティツールにアップロードできます。
Published Date : 2019年11月15日

servicePrincipal リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/serviceprincipal ディレクトリ内のアプリケーションのインスタンスを表します。 directoryObject から継承します。
Published Date : 2019年11月15日

Microsoft Graph Security API を使用する - Microsoft Graph v1.0

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/security-api-overview Microsoft Graph Security API には、Microsoft とエコシステム パートナーのセキュリティ ソリューションを統合するための統一されたインターフェイスとスキーマが備わっています。 これにより、お客様は、増加するサイバー脅威に対するセキュリティ操作と優れた防御を効率的に行うことができます。 Security API をフェデレーション セキュリティ集約サービスとして使用することにより、オンボードのセキュリティ プロバイダーすべてに対してクエリを発行し、回答の集約情報を得ることができます。 Microsoft Graph Security API を使用して以下の処理を行うアプリケーションを構築できます。
Published Date : 2019年11月15日

ディレクトリ拡張属性を使用して同期を構成する - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/synchronization-configure-with-directory-extension-attributes Azure Active Directory (Azure AD) ディレクトリの拡張属性を含めるように同期スキーマをカスタマイズできます。 この記事では、ディレクトリ拡張属性 (**extension_9d98asdfl15980a_Nickname**) を使用して、Salesforce の CommunityNickname の値を設定する方法について説明します。 このシナリオでは、Azure AD Connect を設定して、オンプレミスの Windows Server Active Directory から Azure AD にいくつかのディレクトリ拡張属性をプロビジョニングします。
Published Date : 2019年11月15日

サブスクリプション リソースの種類 - Microsoft Graph v1.0

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/subscription サブスクリプションは、Microsoft Graph 上のデータの変更に関する通知の受信をクライアント アプリに許可します。 サブスクリプションは現在、以下のリソースで有効です:
Published Date : 2019年11月15日

Azure AD 同期 API の概要 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/synchronization-overview ) を使用すると、削除、管理、およびクラウドでの id の作成、保守、および削除 (たとえば、サービスとしてのソフトウェア、または SaaS) アプリケーション (Dropbox、Salesforce、ServiceNow など) を自動化できます。 Microsoft Graph の同期 Api を使用して、次のようなプログラムによって id 同期を管理できます。
Published Date : 2019年11月15日

同期スキーマリソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/synchronization-synchronizationschema 同期されるオブジェクトと、それらの同期方法を定義します。 同期スキーマには、特定の同期ジョブの設定情報の大部分が含まれています。 通常、属性マッピングの一部をカスタマイズするか、特定の条件を満たすオブジェクトのみを同期するスコープフィルターを追加します。
Published Date : 2019年11月15日

カスタムターゲット属性を使用して同期を構成する - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/synchronization-configure-with-custom-target-attributes ターゲットディレクトリで定義されているカスタム属性を含めるように同期スキーマをカスタマイズできます。 この記事では、という`officeCode`新しいフィールドを追加することによって、Salesforce サブスクリプションをカスタマイズする方法について説明します。 Azure Active Directory (Azure AD) から Salesforce への同期をセットアップし、ユーザーごとに、Azure AD の`officeCode` `extensionAttribute10`フィールドの値を使用して、salesforce のフィールドにデータを設定します。
Published Date : 2019年11月15日

サインイン リソースの種類 - Microsoft Graph v1.0

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/signin テナント (ディレクトリ) のユーザーおよびアプリケーションのサインインアクティビティについて説明します。
Published Date : 2019年11月15日

suspiciousIpRiskEvent リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/suspiciousipriskevent 疑わしい IP アドレスからアカウントのサインインが試行された場合に、Azure Active Directory Id 保護によって検出されたリスクイベント。 リスクイベントに関する詳細な情報については、「Azure AD Identity Protection」のドキュメントを参照してください。
Published Date : 2019年11月15日

securityAction リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/securityaction Microsoft Graph のセキュリティの securityAction エンティティを使用して、脅威から保護するためのアクションをただちに実行します。 セキュリティ アナリストが、悪意のあるファイル、URL、ドメイン、IP アドレスなどの新しいインジケーターを発見した場合、Microsoft のセキュリティ ソリューションでそれらに対する保護をすぐに有効にできます。 特定のプロバイダーのアクションを呼び出し、実行されるすべての操作を表示し、必要な場合は操作を取り消します。 Windows Defender ATP (近日公開) でセキュリティ アクションを実行し、アラートに表示されるプロパティまたは調査中に特定されるプロパティを使用して Windows のエンドポイントの悪意のあるアクティビティをブロックします。
Published Date : 2019年11月15日

Microsoft Graph API を使用してセキュリティの脅威の検出と保護を行う (プレビュー) - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/security-reference-overview セキュリティ上の脅威の高度化が引き続きエスカレートされ、グローバル経済に影響を与えます。 損害は、多くの場合、組織が発見する前に長く行われます。 Microsoft Graph を使用すると、複数のソースからのセキュリティの警告を統合して関連付け、ユーザー id を侵害しようとする脅威を検出し、コンテキストデータのロックを解除して調査を通知し、自動化することができます。効率性向上のためのセキュリティ操作。
Published Date : 2019年11月15日

その他の連絡先リソースの種類 - Microsoft Graph v1.0

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/relatedcontact 保護者、支援、医師などの情報を提供する educationUser に関連する連絡先レコード。
Published Date : 2019年11月15日

program リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/program Azure AD access のレビュー機能であるプログラムは、プログラムコントロールを保持するコンテナーです。 テナントには、1つ以上のプログラムを含めることができます。 各コントロールは、アクセスレビューをプログラムにリンクして、関連するアクセスレビューを簡単に見つけられるようにします。
Published Date : 2019年11月15日

secureScoreControlProfile リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/securescorecontrolprofiles テナントのセキュリティスコア (コントロールデータごと) を表します。 既定では、テナントのすべてのコントロールを返し、個々のコントロールを明示的に取得することができます。
Published Date : 2019年11月15日

riskyUser リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/riskyuser 危険にさらされている Azure AD ユーザーを表します。 Azure AD は、さまざまなシグナルやマシン学習に基づいて、ユーザーのリスクを継続的に評価します。 この API は、プログラムによって Azure AD 内のすべてのリスクユーザーにアクセスを提供します。
Published Date : 2019年11月15日

protectDoNotForwardAction resource type - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/en-us/graph/api/resources/protectdonotforwardaction Informs the application to apply Do Not Forward protection.
Published Date : 2019年11月2日

riskyUserHistoryItem リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/riskyuserhistoryitem Azure AD ユーザーのリスク履歴を表します。
Published Date : 2019年11月15日

Microsoft Graph での Office 365 使用状況レポートの使用 - Microsoft Graph v1.0

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/report Microsoft Graph によって、Office 365 使用状況レポートのリソースにアクセスし、社内で Office 365 サービスがどのように使用されているかについての情報を取得できます。 たとえば、サービスをよく利用してクォータに到達しそうなユーザーや、Office 365 ライセンスを必要としない可能性があるユーザーなどを識別できます。
Published Date : 2019年11月15日

riskDetection リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/riskdetection AzureAD テナントのすべてのリスクの検出を表します。
Published Date : 2019年11月15日

入力システムの詳細リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/provisioningsystemdetails ユーザーがプロビジョニングされたシステムを表します。
Published Date : 2019年11月15日

プロビジョニングオブジェクトサマリーリソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/provisioningobjectsummary Azure AD プロビジョニングサービスとそれに関連付けられているプロパティによって実行される処理を表します。
Published Date : 2019年11月15日

programControl リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/programcontrol Azure AD access レビュー機能では、program control オブジェクトは、アクセスレビューをプログラムにリンクするコントロールを表します。
Published Date : 2019年11月15日

protectByTemplateAction resource type - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/en-us/graph/api/resources/protectbytemplateaction Informs the application that an Azure Information Protection protection template should be applied.
Published Date : 2019年11月2日

ポリシーリソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/policy Azure AD ポリシーを表します。 ポリシーは、割り当てられているアプリケーション、サービスプリンシパル、グループ、または組織全体に適用できるカスタムルールです。 現時点では、使用可能なポリシーの種類は1つだけです。
Published Date : 2019年11月15日

programControlType リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/programcontroltype Azure AD access のレビュー機能では、プログラムにコントロールを関連付けるときにコントロールの種類としてコントロールを使用し、コントロールのアクセスレビューの種類を指定します。
Published Date : 2019年11月15日

privilegedRoleAssignment リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/privilegedroleassignment 特定のユーザーの特権の役割の割り当てを表します。
Published Date : 2019年11月15日

Privileged Identity Management - Azure AD - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/privilegedidentitymanagement-directory Azure Active Directory ロールを管理する Azure AD Privileged Identity Management の API。
Published Date : 2019年11月15日

privilegedAccess リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/privilegedaccess たとえば、は`privilegedAccess&#x2FazureResources` 、Azure リソースへの特権アクセスを管理する PIM を表します。
Published Date : 2019年11月15日

privilegedRole リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/privilegedrole Azure AD 管理者の役割 (**全体管理者、課金管理者、サービス管理者、ユーザー管理者、パスワード管理者**など) を表します。
Published Date : 2019年11月15日

Privileged Identity Management - Azure リソース - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/privilegedidentitymanagement-resources Azure AD Privileged Identity Management の API で Azure リソースを管理します。
Published Date : 2019年11月15日

オンプレミスの発行プロファイル - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/onpremisespublishingprofile-root さまざまな Azure サービス (たとえば、Azure Active Directory Connect パススルー認証、Workday to Azure AD ユーザープロビジョニング) は、企業ネットワークの外部からさまざまな社内リソースへの条件付きアクセスを許可します。
Published Date : 2019年11月15日

Privileged Identity Management - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/privilegedidentitymanagement-root Azure Active Directory の役割と Azure リソースの役割を管理する Azure AD Privileged Identity Management の API。
Published Date : 2019年11月15日

passwordCredential リソースの種類 - Microsoft Graph v1.0

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/passwordcredential アプリケーションまたはサービスプリンシパルに関連付けられているパスワード資格情報を格納します。 ServicePrincipal エンティティおよび application エンティティの**Passwordcredentials**プロパティは、 **passwordcredentials**のコレクションです。
Published Date : 2019年11月15日

onPremisesProvisioningError リソースの種類 - Microsoft Graph v1.0

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/onpremisesprovisioningerror オンプレミスのディレクトリを Azure Active Directory と同期するときの、ユーザーグループと連絡先リソースのディレクトリ同期エラーを表します。
Published Date : 2019年11月15日

組織リソースの種類 - Microsoft Graph v1.0

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/organization 作成と削除はサポートされません。 directoryObject から継承します。
Published Date : 2019年11月15日

onPremisesExtensionAttributes リソースの種類 - Microsoft Graph v1.0

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/onpremisesextensionattributes User エンティティの**onPremisesExtensionAttributes**プロパティには、15個のカスタム拡張属性プロパティが含まれています。 **OnPremisesSyncEnabled**ユーザーの場合、このプロパティのセットはオンプレミスの Active Directory でマスターされ、Azure AD に同期され、読み取り専用になります。 クラウドのみのユーザー ( **onPremisesSyncEnabled**が false) の場合、これらのプロパティは作成時または更新時に設定できます。
Published Date : 2019年11月15日

組織の情報リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/organizermeetinginfo 会議の開催者を含むミーティング情報。
Published Date : 2019年11月15日

optionalClaims type - Microsoft Graph v1.0

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/optionalclaims Declares the optional claims requested by an application.
Published Date : 2019年11月15日

objectIdentity リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/objectidentity ユーザーアカウントへのサインインに使用される id を表します。
Published Date : 2019年11月15日

modifiedProperty リソースの種類 - Microsoft Graph v1.0

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/modifiedproperty 変更された Azure AD リソースのすべてのプロパティ (古い値と新しい値を含む) を示します。
Published Date : 2019年11月15日

namedLocation リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/namedlocation これは、Azure Active Directory という名前の場所を表す基本クラスです。 名前付きの場所とは、条件付きアクセスポリシーで使用できるネットワークの場所を定義するカスタムルールです。
Published Date : 2019年11月15日

locatedRiskEvent リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/locatedriskevent 場所データに基づく Azure Active Directory Id 保護によって検出されたリスクイベント。 存在するリスクイベントの種類は次のとおりです。
Published Date : 2019年11月15日

malwareRiskEvent リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/malwareriskevent マルウェアに感染したデバイスからアカウントのサインインが試行される、Azure Active Directory Id 保護によって検出されたリスクイベント。 リスクイベントに関する詳細な情報については、「Azure AD Identity Protection」のドキュメントを参照してください。
Published Date : 2019年11月15日

ipNamedLocation リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/ipnamedlocation IP 範囲によって定義された場所という名前の Azure Active Directory を表します。 名前付きの場所とは、条件付きアクセスポリシーで使用できるネットワークの場所を定義するカスタムルールです。
Published Date : 2019年11月15日

leakedCredentialsRiskEvent リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/leakedcredentialsriskevent アカウントの資格情報がワイルドカードで検出された Azure Active Directory Id 保護によって検出されたリスクイベント。 リスクイベントに関する詳細な情報については、「Azure AD Identity Protection」のドキュメントを参照してください。
Published Date : 2019年11月15日

group リソースの種類 - Microsoft Graph v1.0

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/group Office 365 グループまたはセキュリティ グループのいずれかの Azure Active Directory (Azure AD) グループを表します。
Published Date : 2019年11月15日

Azure AD identity protection API を使用する (プレビュー) - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/identityprotection-root Microsoft Graph を使用すると、Azure AD Id 保護によって検出されたリスクイベントの種類ごとに、identityRiskEvent リソースに対してクエリを実行できます。 これらのイベントは、Azure AD Premium P2 を使用しているお客様が利用できます。 Azure AD Premium P1 を使用しているお客様は、イベントのサブセットを利用できます。
Published Date : 2019年11月15日

educationSynchronizationProfile リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/educationsynchronizationprofile 教育機関のエンティティおよび名簿の情報をソースディレクトリから Azure Active Directory (Azure AD) に同期するために使用される構成のセットを表します。 このリソースは、School Data Sync で使用されるプログラム的な表現を提供します。
Published Date : 2019年11月15日

governanceResource リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/governanceresource 特権 Id 管理 (PIM) によって管理される可能性があるリソースを表します。 Azure リソースの場合は、サブスクリプション、リソースグループ、仮想マシン、SQL データベースなどのリソースを使用できます。
Published Date : 2019年11月15日

externalConnection resource type - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/en-us/graph/api/resources/externalconnection A connection to Microsoft Search from an external source.
Published Date : 2019年11月2日

Working with the Azure AD entitlement management API - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/en-us/graph/api/resources/entitlementmanagement-root Govern access to resources including groups, apps and sites through Azure AD entitlement management
Published Date : 2019年11月2日

governanceRoleDefinition リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/governanceroledefinition ロール定義を表します。 Azure リソースの場合は、所有者、リーダー、共同作成者など、Azure RBAC の役割を表すことができます。
Published Date : 2019年11月15日

hostSecurityState リソースの種類 - Microsoft Graph v1.0

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/hostsecuritystate ホストに関するステートフルな情報を含みます (デバイス、コンピューターなどを含む)。
Published Date : 2019年11月15日

identityRiskEvent リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/identityriskevent Azure Active Directory Id 保護によって検出されたリスクイベント。 これは、各固有のリスクイベントの種類の基本型です。
Published Date : 2019年11月15日

impossibleTravelRiskEvent リソースの種類 - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/impossibletravelriskevent ユーザーにとって特殊な場所から2つのアカウントのサインインが発生する、Azure Active Directory Id 保護によって検出されたリスクイベント。また、サインイン間の期間内にある場所間を移動できません。詳細な情報リスクイベントについては、「Azure AD Identity Protection」のドキュメントを参照してください。
Published Date : 2019年11月15日

Use the Microsoft Search API to index data - Microsoft Graph beta

https://docs.microsoft.com/en-us/graph/api/resources/indexing-api-overview Microsoft Graph lets your app index custom items or external files in the Microsoft Search service.
Published Date : 2019年11月2日