Microsoft Docs - 最新記事

docs.microsoft.com は、Microsoft 技術文書の新しいホームとして、コンテンツの Web エクスペリエンスだけでなく、ソリューションを学習、管理、デプロイするために使用するコンテンツを作成およびサポートする方法も新しくしました。 ここには、マイクロソフトのテクノロジに関連するすべてのものが統合されています。docs.microsoft.com 上の新着情報とエキサイティングな情報を常に取り入れられるようにするために、専用のフィードを作成しました。


Selected Feed: Visual Studio

無人インストールを実行する - Azure DevOps Server

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/devops/server/install/unattended tfsconfig/unattend を使用して1つ以上のサーバーに Azure DevOps Server をインストールする
Published Date : 2020年1月17日

Azure SQL Database を使用する - Azure DevOps

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/devops/server/install/install-azure-sql Azure SQL Database で Azure DevOps Server を構成する方法について説明します。 このトポロジでは、オンプレミスの SQL Server と比較して追加の手順が必要です。
Published Date : 2021年5月14日

Web サイトの設定とセキュリティ、Azure DevOps Serverセットアップ、アップグレード、および管理 - Azure DevOps

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/devops/server/admin/websitesettings SSL/TLS、証明書、自己署名証明書など、Azure DevOps Server の Web サイト設定に関連するセキュリティの問題について説明します
Published Date : 2019年5月24日

System.Web.UI.Design.WebControls 名前空間

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.design.webcontrols Web サーバー コントロールのデザイン時サポートの拡張に使用できるクラスが含まれます。
Published Date : 2018年4月30日

FileSystemWatcher.SynchronizingObject プロパティ (System.IO)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.io.filesystemwatcher.synchronizingobject ディレクトリ変更の結果として発行されるイベント ハンドラー呼び出しをマーシャリングするために使用するオブジェクトを取得または設定します。
Published Date : 2018年4月30日

System.DirectoryServices.ActiveDirectory Namespace

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.directoryservices.activedirectory Provides a high level abstraction object model that builds around Microsoft Active Directory services tasks. The Active Directory service concepts such as forest, domain, site, subnet, partition, and schema are part of the object model.
Published Date : 2018年4月30日

Microsoft.JScript 名前空間

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/microsoft.jscript JScript 言語を使用したコンパイルとコード生成をサポートするクラスが含まれています。
Published Date : 2018年4月30日

FileSystemWatcher.EndInit メソッド (System.IO)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.io.filesystemwatcher.endinit フォームまたは別のコンポーネントで使用する FileSystemWatcher の初期化を終了します。 初期化は実行時に発生します。
Published Date : 2018年4月30日

FileSystemWatcher.BeginInit メソッド (System.IO)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.io.filesystemwatcher.begininit フォームまたは別のコンポーネントで使用する FileSystemWatcher の初期化を開始します。 初期化は実行時に発生します。
Published Date : 2018年4月30日

System.Data 名前空間

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.data ADO.NET アーキテクチャを表すクラスにアクセスできるようにします。 ADO.NET を使用すると、複数のデータ ソースのデータを効率的に管理するコンポーネントを構築できます。
Published Date : 2018年4月30日

System.ComponentModel.Design 名前空間

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.componentmodel.design コンポーネントのカスタム デザイン時の動作やデザイン時にコンポーネントを構成するためのユーザー インターフェイスを構築するために、開発者が使用できるクラスが含まれています。 開発者がコンポーネントを配置したり、コンポーネントのプロパティを設定したりできるようにするしくみは、デザイン時の環境が用意します。 コンポーネントによっては、デザイン時の環境で正常に機能するために、特定のデザイン時だけの動作が必要になる場合があります。 コンポーネントや複合データ型の値の構成について開発者を支援する、カスタム ユーザー インターフェイスを提供することも有効な場合があります。 この名前空間内で定義されるクラスやインターフェイスを使用して、コンポーネントのデザイン時動作を構築したり、デザイン時サービスにアクセスしたり、カスタマイズされたデザイン時構成インターフェイスを実装できます。
Published Date : 2018年4月30日

System.Windows.Forms.Design Namespace

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.windows.forms.design Contains classes that support design-time configuration and behavior for Windows Forms components. These classes consist of designer classes that provide support for Windows Forms components, a set of design-time services; UITypeEditor classes for configuring certain types of properties, and classes for importing ActiveX controls.
Published Date : 2018年4月30日

FileSystemWatcher.EnableRaisingEvents プロパティ (System.IO)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.io.filesystemwatcher.enableraisingevents コンポーネントが有効かどうかを示す値を取得または設定します。
Published Date : 2018年4月30日

PE 形式 - Win32 apps

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/win32/debug/pe-format この仕様では、Windows ファミリのオペレーティングシステムにおける実行可能 (イメージ) ファイルとオブジェクトファイルの構造について説明します。 これらのファイルは、それぞれポータブル実行可能 (PE) ファイルと共通オブジェクトファイル形式 (COFF) ファイルと呼ばれます。
Published Date : 2021年3月31日

Vue.js でデータとイベントを操作する - Learn

https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/modules/vue-data-events/ ユーザーがデータを操作できるようにすることは、Vue.js の中心的な目標の 1 つです。 このモジュールでは、JavaScript で Vue アプリを作成し、ユーザー イベントに応答する方法を説明します。 また、応答の状態とデータを管理する方法も確認します。
Published Date : 2021年3月1日

Vue.js での Vue CLI と 単一ファイル コンポーネントの概要 - Learn

https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/modules/vue-cli-components/ Vue CLI と JavaScript を使用してコンポーネントを作成する方法を学習します。
Published Date : 2021年3月1日

Vue.js による動的なページの表示 - Learn

https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/modules/vue-dynamic-rendering/ Vue.js と JavaScript を使用して動的なレンダリングを行う方法を学習します。
Published Date : 2021年3月1日

Vue の使用を開始する - Learn

https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/modules/vue-get-started/ Vue.js と JavaScript を使用して Web アプリを作成する方法を学習します。
Published Date : 2021年3月1日

Q# でグローバーの検索アルゴリズムを実行する - 量子開発キット - Azure Quantum

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/quantum/tutorial-qdk-grovers-search 正規の量子アルゴリズムの 1 つであるグローバーのアルゴリズムを示す Q# プロジェクトを構築します。
Published Date : 2021年8月12日

Dynamics 365 Commerce の削除済みまたは推奨されない機能 - Commerce | Dynamics 365

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/commerce/get-started/removed-deprecated-features-commerce このトピックでは、Dynamics 365 Commerce から削除された、または削除される予定の機能について説明します。
Published Date : 2021年9月27日

Microsoft のトラブルシューティングに関するドキュメント

https://docs.microsoft.com/ja-jp/troubleshoot/ Microsoft の次の商用製品に関する問題のトラブルシューティングと回避策の適用に必要なドキュメントを見つける。
Published Date : 2021年4月1日

ソリューションのインポート時に入力文字列が正しい形式エラーになってない - Dynamics 365 Sales

https://docs.microsoft.com/ja-jp/troubleshoot/dynamics-365/sales/input-string-was-not-in-a-correct-format-error Microsoft Dynamics 365 でソリューションをインポートすると、カスタム (プラグイン) アセンブリの処理時に、入力文字列がアプリケーションによってスローされた正しい形式ではないというエラーが表示されます。 解決方法を示します。
Published Date : 2021年3月31日

Azure IoT Hub Device Provisioning Service のカスタム割り当てポリシー

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-dps/how-to-use-custom-allocation-policies Azure IoT Hub Device Provisioning Service (DPS) でカスタム割り当てポリシーを使用する方法
Published Date : 2021年1月26日

チュートリアル - 複数コンテナー グループをデプロイする - YAML - Azure Container Instances

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/container-instances/container-instances-multi-container-yaml このチュートリアルでは、複数のコンテナーを含むコンテナー グループを YAML ファイルと Azure CLI を使用して Azure Container Instances にデプロイする方法を説明します。
Published Date : 2020年7月1日

チュートリアル:カスタム イメージを作成して Azure App Service で実行する - Azure App Service

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/app-service/tutorial-custom-container Linux または Windows のカスタム イメージを作成して Azure Container Registry にプッシュし、そのイメージを Azure App Service にデプロイするためのステップ バイ ステップ ガイドです。 カスタム ソフトウェアをカスタム コンテナー内の App Service に移行する方法について説明します。
Published Date : 2021年8月4日

Azure Event Hubs - リアルタイム イベントでのデータの異常を視覚化する - Azure Event Hubs

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/event-hubs/event-hubs-tutorial-visualize-anomalies チュートリアル:Microsoft Azure Event Hubs に送信されたリアルタイム イベントのデータの異常を視覚化する
Published Date : 2021年9月29日

B2B 統合アカウントを作成または管理する - Azure Logic Apps

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/logic-apps/logic-apps-enterprise-integration-create-integration-account Azure Logic Apps とのエンタープライズ統合のための統合アカウントを作成、リンク、および管理する
Published Date : 2021年9月14日

チュートリアル - Azure IoT Hub のメッセージ エンリッチメントを使用する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/tutorial-message-enrichments Azure IoT Hub のメッセージに対してメッセージ エンリッチメントを使用する方法を紹介するチュートリアル
Published Date : 2019年12月20日

Linux 上に Azure IoT Edge デバイスを作成するクイック スタート

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-edge/quickstart-linux このクイックスタートでは、Linux で IoT Edge デバイスを作成した後、Azure portal から事前作成されたコードをリモートで展開する方法を学習します。
Published Date : 2021年4月7日

チュートリアル:マネージド ID を使用してデータにアクセスする - Azure App Service

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/app-service/app-service-web-tutorial-connect-msi マネージド ID を使用してデータベース接続をより安全にする方法と、それを他の Azure サービスに適用する方法について説明します。
Published Date : 2020年4月27日

チュートリアル:エンド ツー エンドのソリューションを接続する' - Azure Digital Twins

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/digital-twins/tutorial-end-to-end デバイス データによって駆動されるエンド ツー エンドの Azure Digital Twins ソリューションを構築するチュートリアル。
Published Date : 2021年8月23日

クイック スタート:Unity を使用して HoloLens アプリを作成する - Azure Spatial Anchors

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/spatial-anchors/quickstarts/get-started-unity-hololens このクイック スタートでは、Spatial Anchors を使用して HoloLens アプリを Unity でビルドする方法について説明します。
Published Date : 2021年3月18日

チュートリアル:カスタム イベントをハイブリッド接続に送信する - Event Grid - Azure Event Grid

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/event-grid/custom-event-to-hybrid-connection チュートリアル:Azure Event Grid と Azure CLI を使用して、トピックを発行したり、そのイベントをサブスクライブしたりします。 ハイブリッド接続はエンドポイントに使用されます。
Published Date : 2021年9月29日

Azure App Configuration ストアからキー値を自動的にバックアップする

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-app-configuration/howto-backup-config-store App Configuration ストア間でキー値の自動バックアップを設定する方法について説明します。
Published Date : 2020年4月27日

クイック スタート:Xamarin Android アプリを作成する - Azure Spatial Anchors

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/spatial-anchors/quickstarts/get-started-xamarin-android このクイックスタートでは、Spatial Anchors を使用する Android アプリを Xamarin でビルドする方法について説明します。
Published Date : 2020年11月20日

Azure DevTest Labs でイメージ ファクトリを作成する - Azure DevTest Labs

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/devtest-labs/image-factory-create この記事では、Git リポジトリ (Azure DevTest Labs) にあるサンプル スクリプトを使用してカスタム イメージ ファクトリを設定する方法について説明します。
Published Date : 2020年6月26日

クイック スタート:Xamarin.iOS アプリを作成する - Azure Spatial Anchors

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/spatial-anchors/quickstarts/get-started-xamarin-ios このクイックスタートでは、Spatial Anchors を使用する iOS アプリを Xamarin でビルドする方法について説明します。
Published Date : 2020年11月20日

チュートリアル - 複数コンテナー グループをデプロイする - テンプレート - Azure Container Instances

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/container-instances/container-instances-multi-container-group このチュートリアルでは、Azure Resource Manager テンプレートと Azure CLI を使用して複数のコンテナーを含むコンテナー グループを Azure Container Instances にデプロイする方法を説明します。
Published Date : 2020年7月2日

Web アプリでの IoT Hub データのリアルタイム データの視覚化

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/iot-hub-live-data-visualization-in-web-apps Web アプリを使用して、センサーから収集されて IoT Hub に送信された気温と湿度のデータを視覚化します。
Published Date : 2019年5月31日

Azure SignalR Service クライアントの認証に関するガイド

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-signalr/signalr-concept-authenticate-oauth e2e の例に従って独自の認証を実装し、それを Azure SignalR Service と統合する方法について説明します。
Published Date : 2019年11月13日

Windows 上に Azure IoT Edge デバイスを作成するクイックスタート

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-edge/quickstart このクイック スタートでは、IoT Edge デバイスを作成した後、Azure portal から事前作成されたコードをリモートで展開する方法を学習します。
Published Date : 2021年6月18日

クイック スタート:DirectX を使用して HoloLens アプリを作成する - Azure Spatial Anchors

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/spatial-anchors/quickstarts/get-started-hololens このクイック スタートでは、Spatial Anchors を使用して HoloLens アプリをビルドする方法について説明します。
Published Date : 2020年11月20日

クイックスタート: C を使用してイベントを送信する - Azure Event Hubs

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/event-hubs/event-hubs-c-getstarted-send クイックスタート: この記事では、Azure Event Hubs にイベントを送信する C アプリケーションを作成するためのチュートリアルを提供します。
Published Date : 2021年9月23日

Azure IoT SDK を使用した Android Things プラットフォーム向けの開発

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/iot-hub-how-to-android-things 開発者ガイド - Azure IoT Hub SDK を使用して Android Things 上で開発を行う方法について説明します。
Published Date : 2019年1月30日

チュートリアル:新しい HoloLens Unity アプリを作成する - Azure Spatial Anchors

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/spatial-anchors/tutorials/tutorial-new-unity-hololens-app このチュートリアルでは、Azure Spatial Anchors を使用して新しい HoloLens Unity アプリを作成する方法について説明します。
Published Date : 2021年2月3日

チュートリアル:セッションやデバイス間でアンカーを共有する - Azure Spatial Anchors

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/spatial-anchors/tutorials/tutorial-share-anchors-across-devices このチュートリアルでは、バックエンド サービスを使用して、Unity で Azure Spatial Anchors 識別子を Android/iOS デバイス間で共有する方法について説明します。
Published Date : 2020年11月20日

サイドカー コンテナーで TLS を有効にする - Azure Container Instances

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/container-instances/container-instances-container-group-ssl サイドカー コンテナーで Nginx を実行することで、Azure Container Instances 内で実行されるコンテナー グループに対して SSL または TLS エンドポイントを作成します
Published Date : 2020年7月2日

.NET 5.0 を使用して Media Services でライブ ストリーム配信を行う - Azure Media Services

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/media-services/latest/stream-live-tutorial-with-api .NET 5.0 を使用してライブ イベントをストリーム配信する方法について説明します
Published Date : 2019年6月13日

クイックスタート - Azure CLI を使用して Azure Stream Analytics ジョブを作成する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/stream-analytics/quick-create-azure-cli このクイックスタートでは、Azure CLI を使用して Azure Stream Analytics ジョブを作成する方法を示します。
Published Date : 2020年7月1日

Azure Boards のキーボード ショートカット - Azure Boards

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/devops/boards/get-started/keyboard-shortcuts Web ポータルのキーボード ショートカットについて説明します。このAzure Boardsとチーム エクスプローラー。
Published Date : 2021年9月15日

日付または現在のイテレーションによるクエリの実行 - Azure Boards

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/devops/boards/queries/query-by-date-or-current-iteration Azure Boards、Azure DevOps、& Team Foundation Server の日付、チームの現在のイテレーション、スプリントのスプリントのスライディング ウィンドウに基づいて、作業項目のクエリを実行& Team Foundation Server
Published Date : 2021年3月24日

作業項目へのタグの追加 - Azure Boards

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/devops/boards/queries/add-tags-to-work-items 作業項目タグを追加して、ボードで作業するときに、&リストを分類してフィルター処理Azure Boards追加Azure DevOps
Published Date : 2021年4月13日

バックログ、ボード、& 計画をサポートするタスク Azure Boards - Azure Boards

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/devops/boards/backlogs/backlogs-boards-plans Azure Boards のバックログ、かんばんボード、taskboards、およびプランをサポートするタスクについて説明します。
Published Date : 2021年10月8日

例、タスク、演算子、マクロを照会するインデックス - Azure Boards

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/devops/boards/queries/query-index-quick-ref クエリ演算子、マクロ、およびサンプル クエリに対するインデックスを作成し、Azure Boards、Azure DevOps
Published Date : 2021年1月25日

クエリ フィールド、演算子、マクロ/変数 - Azure Boards

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/devops/boards/queries/query-operators-variables フィールド データ型、演算子、マクロ/変数は、クエリ エディター、Azure Boards、Azure DevOps、& Team Foundation Server
Published Date : 2021年5月24日

Android 用の App Center 配布 - Visual Studio App Center

https://docs.microsoft.com/ja-jp/appcenter/sdk/distribute/android App Center 配布 (Android) でのアプリ内更新の使用
Published Date : 2021年3月31日

npm を使用した JavaScript パッケージの格納 - Azure Artifacts

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/devops/artifacts/get-started-npm npm を使用して JavaScript パッケージを格納します。 フィードを作成し、.npmrc ファイルを設定し、プロジェクトをビルドして、npm パッケージをフィードに発行します。
Published Date : 2020年6月19日

Azure Artifacts の概要 - Azure Artifacts

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/devops/artifacts/start-using-azure-artifacts 課金のAzure Artifacts設定して使用量を表示する方法について学習する
Published Date : 2021年8月13日

パッケージの削除と回復 - Azure Artifacts

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/devops/artifacts/how-to/delete-and-recover-packages パッケージを手動で削除する方法と保持ポリシーを使用する方法、および削除されたパッケージをごみ箱から回復する方法について説明します。
Published Date : 2021年8月17日

PageCatalogPart.DefaultButton プロパティ (System.Web.UI.WebControls.WebParts)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.webcontrols.webparts.pagecatalogpart.defaultbutton Web パーツ コントロール セットでは、PageCatalogPart コントロールをレンダリングする場合、この継承プロパティを使用しません。 プロパティは、Microsoft Visual Studio 2005 デザイナーツールで表示されないようにするためにのみオーバーライドされます。
Published Date : 2018年4月30日

PageCatalogPart.Enabled プロパティ (System.Web.UI.WebControls.WebParts)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.webcontrols.webparts.pagecatalogpart.enabled Web パーツ コントロール セットでは、PageCatalogPart コントロールをレンダリングする場合、この継承プロパティを使用しません。 プロパティは、Microsoft Visual Studio 2005 デザイナーツールで表示されないようにするためにのみオーバーライドされます。
Published Date : 2018年4月30日

PageCatalogPart.TabIndex プロパティ (System.Web.UI.WebControls.WebParts)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.webcontrols.webparts.pagecatalogpart.tabindex Web パーツ コントロール セットでは、PageCatalogPart コントロールをレンダリングする場合、この継承プロパティを使用しません。 プロパティは、2005 年 2005 年のデザイナー ツールに表示Microsoft Visual Studio目的でのみオーバーライドされます。
Published Date : 2018年4月30日

PageCatalogPart.BorderWidth プロパティ (System.Web.UI.WebControls.WebParts)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.webcontrols.webparts.pagecatalogpart.borderwidth Web パーツ コントロール セットでは、PageCatalogPart コントロールをレンダリングする場合、この継承プロパティを使用しません。 プロパティは、Microsoft Visual Studio 2005 デザイナーツールで表示されないようにするためにのみオーバーライドされます。
Published Date : 2018年4月30日

PageCatalogPart.ForeColor プロパティ (System.Web.UI.WebControls.WebParts)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.webcontrols.webparts.pagecatalogpart.forecolor Web パーツ コントロール セットでは、PageCatalogPart コントロールをレンダリングする場合、この継承プロパティを使用しません。 プロパティは、Microsoft Visual Studio 2005 デザイナーツールで表示されないようにするためにのみオーバーライドされます。
Published Date : 2018年4月30日

PageCatalogPart.Wrap プロパティ (System.Web.UI.WebControls.WebParts)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.webcontrols.webparts.pagecatalogpart.wrap Web パーツ コントロール セットでは、PageCatalogPart コントロールをレンダリングする場合、この継承プロパティを使用しません。 プロパティは、2005 年のデザイナー ツールに表示Microsoft Visual Studio目的でのみオーバーライドされます。
Published Date : 2018年4月30日

PageCatalogPart.EnableTheming プロパティ (System.Web.UI.WebControls.WebParts)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.webcontrols.webparts.pagecatalogpart.enabletheming Web パーツ コントロール セットでは、PageCatalogPart コントロールをレンダリングする場合、この継承プロパティを使用しません。 プロパティは、Microsoft Visual Studio 2005 デザイナーツールで表示されないようにするためにのみオーバーライドされます。
Published Date : 2018年4月30日

PageCatalogPart クラス (System.Web.UI.WebControls.WebParts)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.webcontrols.webparts.pagecatalogpart 1 つの Web パーツ ページでユーザーが閉じた WebPart コントロールすべて (および WebPartZoneBase ゾーンに含まれている他のサーバー コントロール) への参照を保持するカタログを提供します。これにより、ユーザーは閉じたコントロールをそのページに再度追加して戻すことができます。 このクラスは継承できません。
Published Date : 2018年4月30日

System.Windows.Markup 名前空間

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.windows.markup XAML をサポートする型を提供します。 これらの型のいくつかは WPF アセンブリに配置され、XAML に関連する WPF のシナリオに固有です。 この名前空間の他の型は .NET XAML サービス全般をサポートし、WPF アセンブリの参照を必要としません。
Published Date : 2018年4月30日

PageCatalogPart.SkinID プロパティ (System.Web.UI.WebControls.WebParts)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.webcontrols.webparts.pagecatalogpart.skinid Web パーツ コントロール セットでは、PageCatalogPart コントロールをレンダリングする場合、この継承プロパティを使用しません。 プロパティは、2005 年 2005 年のデザイナー ツールに表示Microsoft Visual Studio目的でのみオーバーライドされます。
Published Date : 2018年4月30日

PageCatalogPart.BackImageUrl プロパティ (System.Web.UI.WebControls.WebParts)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.webcontrols.webparts.pagecatalogpart.backimageurl Web パーツ コントロール セットでは、PageCatalogPart コントロールをレンダリングする場合、この継承プロパティを使用しません。 プロパティは、2005 年 2005 年のデザイナー ツールに表示Microsoft Visual Studio目的でのみオーバーライドされます。
Published Date : 2018年4月30日

PageCatalogPart.ToolTip プロパティ (System.Web.UI.WebControls.WebParts)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.webcontrols.webparts.pagecatalogpart.tooltip Web パーツ コントロール セットでは、PageCatalogPart コントロールをレンダリングする場合、この継承プロパティを使用しません。 プロパティは、2005 年 2005 年のデザイナー ツールに表示Microsoft Visual Studio目的でのみオーバーライドされます。
Published Date : 2018年4月30日

DataGrid Class (System.Windows.Controls)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.windows.controls.datagrid Represents a control that displays data in a customizable grid.
Published Date : 2018年4月30日

PageCatalogPart.Width プロパティ (System.Web.UI.WebControls.WebParts)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.webcontrols.webparts.pagecatalogpart.width Web パーツ コントロール セットでは、PageCatalogPart コントロールをレンダリングする場合、この継承プロパティを使用しません。 プロパティは、2005 年 2005 年のデザイナー ツールに表示Microsoft Visual Studio目的でのみオーバーライドされます。
Published Date : 2018年4月30日

PageCatalogPart.Font プロパティ (System.Web.UI.WebControls.WebParts)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.webcontrols.webparts.pagecatalogpart.font Web パーツ コントロール セットでは、PageCatalogPart コントロールをレンダリングする場合、この継承プロパティを使用しません。 プロパティは、Microsoft Visual Studio 2005 デザイナーツールで表示されないようにするためにのみオーバーライドされます。
Published Date : 2018年4月30日

PageCatalogPart.Height プロパティ (System.Web.UI.WebControls.WebParts)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.webcontrols.webparts.pagecatalogpart.height Web パーツ コントロール セットでは、PageCatalogPart コントロールをレンダリングする場合、この継承プロパティを使用しません。 プロパティは、Microsoft Visual Studio 2005 デザイナーツールで表示されないようにするためにのみオーバーライドされます。
Published Date : 2018年4月30日

PageCatalogPart.ScrollBars プロパティ (System.Web.UI.WebControls.WebParts)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.webcontrols.webparts.pagecatalogpart.scrollbars Web パーツ コントロール セットでは、PageCatalogPart コントロールをレンダリングする場合、この継承プロパティを使用しません。 プロパティは、2005 年 2005 年のデザイナー ツールに表示Microsoft Visual Studio目的でのみオーバーライドされます。
Published Date : 2018年4月30日

System.Web.UI 名前空間

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui ASP.NET Web アプリケーションのユーザー インターフェイスとして ASP.NET サーバー コントロールと ASP.NET Web ページを作成するために使用できるクラスとインターフェイスが用意されています。
Published Date : 2018年4月30日

System.ComponentModel 名前空間

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.componentmodel コンポーネントとコントロールの実行時およびデザイン時の動作を実装するために使用できるクラスを提供します。 この名前空間には、属性と型コンバーターの実装、データ ソースへのバインド、コンポーネントのライセンス処理のための基底クラスと基底インターフェイスが含まれています。
Published Date : 2018年4月30日

PageCatalogPart.AccessKey プロパティ (System.Web.UI.WebControls.WebParts)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.webcontrols.webparts.pagecatalogpart.accesskey Web パーツ コントロール セットでは、PageCatalogPart コントロールをレンダリングする場合、この継承プロパティを使用しません。 プロパティは、2005 年 2005 年のデザイナー ツールに表示Microsoft Visual Studio目的でのみオーバーライドされます。
Published Date : 2018年4月30日

PageCatalogPart.Visible プロパティ (System.Web.UI.WebControls.WebParts)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.webcontrols.webparts.pagecatalogpart.visible Web パーツ コントロール セットでは、PageCatalogPart コントロールをレンダリングする場合、この継承プロパティを使用しません。 プロパティは、2005 年 2005 年のデザイナー ツールに表示Microsoft Visual Studio目的でのみオーバーライドされます。
Published Date : 2018年4月30日

DeclarativeCatalogPart クラス (System.Web.UI.WebControls.WebParts)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.webcontrols.webparts.declarativecatalogpart 開発者が、WebPart または他のサーバー コントロールのカタログを、宣言型のページ永続形式で Web ページに追加できるようにします。 このクラスは継承できません。
Published Date : 2018年4月30日

System.Activities.Presentation 名前空間

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.activities.presentation プレゼンテーションに関連するクラスを提供します。
Published Date : 2018年4月30日

PageCatalogPart.BackColor プロパティ (System.Web.UI.WebControls.WebParts)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.webcontrols.webparts.pagecatalogpart.backcolor Web パーツ コントロール セットでは、PageCatalogPart コントロールをレンダリングする場合、この継承プロパティを使用しません。 プロパティは、2005 年 2005 年のデザイナー ツールに表示Microsoft Visual Studio目的でのみオーバーライドされます。
Published Date : 2018年4月30日

PageCatalogPart.CssClass プロパティ (System.Web.UI.WebControls.WebParts)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.webcontrols.webparts.pagecatalogpart.cssclass Web パーツ コントロール セットでは、PageCatalogPart コントロールをレンダリングする場合、この継承プロパティを使用しません。 プロパティは、Microsoft Visual Studio 2005 デザイナーツールで表示されないようにするためにのみオーバーライドされます。
Published Date : 2018年4月30日

PageCatalogPart.GroupingText プロパティ (System.Web.UI.WebControls.WebParts)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.webcontrols.webparts.pagecatalogpart.groupingtext Web パーツ コントロール セットでは、PageCatalogPart コントロールをレンダリングする場合、この継承プロパティを使用しません。 プロパティは、Microsoft Visual Studio 2005 デザイナーツールで表示されないようにするためにのみオーバーライドされます。
Published Date : 2018年4月30日

PageCatalogPart.HorizontalAlign プロパティ (System.Web.UI.WebControls.WebParts)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.webcontrols.webparts.pagecatalogpart.horizontalalign Web パーツ コントロール セットでは、PageCatalogPart コントロールをレンダリングする場合、この継承プロパティを使用しません。 プロパティは、2005 年 2005 年のデザイナー ツールに表示Microsoft Visual Studio目的でのみオーバーライドされます。
Published Date : 2018年4月30日

PageCatalogPart.BorderStyle プロパティ (System.Web.UI.WebControls.WebParts)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.webcontrols.webparts.pagecatalogpart.borderstyle Web パーツ コントロール セットでは、PageCatalogPart コントロールをレンダリングする場合、この継承プロパティを使用しません。 プロパティは、Microsoft Visual Studio 2005 デザイナーツールで表示されないようにするためにのみオーバーライドされます。
Published Date : 2018年4月30日

PageCatalogPart.BorderColor プロパティ (System.Web.UI.WebControls.WebParts)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.webcontrols.webparts.pagecatalogpart.bordercolor Web パーツ コントロール セットでは、PageCatalogPart コントロールをレンダリングする場合、この継承プロパティを使用しません。 プロパティは、2005 年 2005 年のデザイナー ツールに表示Microsoft Visual Studio目的でのみオーバーライドされます。
Published Date : 2018年4月30日

PageCatalogPart.Direction プロパティ (System.Web.UI.WebControls.WebParts)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.web.ui.webcontrols.webparts.pagecatalogpart.direction Web パーツ コントロール セットでは、PageCatalogPart コントロールをレンダリングする場合、この継承プロパティを使用しません。 プロパティは、Microsoft Visual Studio 2005 デザイナーツールで表示されないようにするためにのみオーバーライドされます。
Published Date : 2018年4月30日

CTI コネクタを作成する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/unified-service-desk/create-cti-connector Unified Service Desk で CTI コネクタ コンポーネントを作成および定義する方法について説明します。 また、CTI コネクタのホストされたコントロールを設定する方法を理解しておいてください。
Published Date : 2019年1月25日