ご自身または候補者を推薦する

ご自身または候補者を推薦する


マイクロソフトでは、MVP アワードに認められるような傑出したコミュニティ リーダーを現在も探しています。ただし、ノミネートの応募プロセスを変更しました。

MVP アワードに応募するには、マイクロソフトのフルタイム従業員 (FTE) または現在活動している Microsoft MVP がアワードの審査のために推薦状を代わりに提出する必要があります。推薦者は、あなたが情熱、コミュニティの精神、リーダーシップを示していることと、特に重要なのが、テクニカル コミュニティ内で建設的な影響力を実証していることを十分に理解している必要があります。FTE または MVP から推薦状が提出されると、MVP アワードのノミネートを行うためのリンクと手順付きのメールによる通知が届きます。

自分の代理として推薦状を提出してくれる FTE または MVP を見つける前に、こちらの手軽なチェックリストでご自身が条件を満たしているかどうかを確認してください。

  •   * マイクロソフトのテクノロジー、製品、およびサービスと、これらを他のプラットフォームと共に利用する方法について情熱を持っていて、次の展開が待ち遠しいですか?
  •   * 自分の知識を広大なテクニカル コミュニティと共有することにわくわくし、モチベーションを感じますか?
  •   * 昨年、オンライン コミュニティや対面のイベントで、スピーチ、ブログ、ポッドキャスト、イベントの主催、その他の手段 (具体例付きで) によって著しい貢献をしましたか?
  •   * あなたは、友人や同僚が最初電話してきて、新たにリリースされたテクノロジーについて話したり、その機会にそれらの導入についてアドバイスしたりする存在ですか?

このチェックリストに簡単にチェックマークを付けることができ、自分の貢献に自信を持っている方は、FTE または MVP との関係を結べるように、招待し、アワードへの推薦をお手伝いします!

ご質問がある場合は、MVP グローバル サポート チャネルにご連絡ください。

FTE または MVP のサインインはこちら