MVP Reconnect とは

"このプログラムは、信頼できるコミュニティとつながり続けて今までどおりフィードバックをもらえる、非常に良い方法だと思います。一度 MVP になれば、常に MVP です。"ドイツ、Lars Keller – 当プログラムのかつての MVP (7 年間在籍)

MVP Reconnect とは

"この MVP プログラムでは、今後も続く最高の友達に出会えます!Reconnect を利用すると、このような交友関係を永久に維持できます!"スウェーデン、Magnus Mårtensson – 当プログラムの MVP (4 年間在籍)

MVP Reconnect とは

"MVP Reconnect について私が特に興奮しているのは、MVP プログラムから離れるときに、仲間に「さようなら」ではなく「また会おう!」と言えるようになったことです。プログラムを離れる人にとって、仲間の MVP と緊密な関係を維持する機会が与えられるのは素晴らしいことです。最終的に、戻ってくる機会にもなります!"ブラジル、Igor Abade V. Leite – 当プログラムの MVP (10 年間在籍)

MVP Reconnect とは

"2004 年から MVP プログラムの一員ですが、あれ以来多くのことが変わりました!自分が継続的な進化の一端を担い、MVP 自身の経験を向上させ、関係する全員にとって相互の利益を生む方法を見つけるということにわくわくします。"カナダ、Richard Campbell – 当プログラムの MVP (12 年間在籍)

MVP Reconnect とは

"MVP Reconnect は、MVP コミュニティが、マイクロソフトの目標に合わせて独自の方向性を形作る機会です。"アメリカ合衆国、Pat Tormey – 当プログラムの MVP (8 年間在籍)

MVP Reconnect とは

MVP Reconnect のストーリー

約 1 年前に次世代の Microsoft MVP アワードについて発表した直後、MVP アワード チームはこのプログラムの進化が絶えないように継続していくことを誓いました。最近の "モバイル第一、クラウド第一" の世界では、より俊敏にふるまい、お客様とパートナーに最良のエクスペリエンスを必ず提供することが不可欠です。

そこで自問しました。"次はどうする?" MVP や他のコミュニティ リーダーからフィードバックの収集を開始し、次のようなコメントを受け取りました。

"かつての MVP のうちの数人はキャリアを重ね、現在では CTO や意思決定者になっている。私はこれらの仲間をおおいに尊敬していて、登壇のときは話を聞いている。彼らの経験は最高で、再度このコミュニティに関わってくれているのを目にするのが楽しい!"

"MVP のネットワークやそのメンバーに会いたい。あのエネルギーは独特だ。"

実際、長年にわたって、アワード期間終了後もプログラムに触れ仲間と引き続き連絡を取り合う方法を探していると多くの MVP から聞いています。

そこで、マイクロソフトの従業員、現在の MVP、およびかつての MVP で構成される新しい作業グループを作りました。他のコミュニティと同様に、ブレインストーミングとディスカッションを行い、協力してアイデアの草案を作成し、特長に優先順位を付けました。数か月後、MVP Reconnect が誕生しました!これは、マイクロソフトや、自分がフォローしている専門家のコミュニティとつながり続けられるように設計された新たな冒険です。

プログラムの背後にあるアイデアは、別の業界で例えると説明しやすくなります。オスカーは、映画業界の最もよく知られた格式ある賞の 1 つです。初めてオスカーを獲得した瞬間から、その人物は極めて特別なコミュニティ、つまりアカデミー賞受賞者のコミュニティの一員になり、毎年受賞していなくても、このコミュニティには永久に所属することになります。

これは、現在形式化しようとしている "一度 MVP になれば、常に MVP コミュニティの一員である" というマイクロソフトの MVP コミュニティの概念と極めて類似しています。

MVP であるために必要とされる コミットメント、時間、情熱のことは理解しています。生活や優先順位は変化し、時には休憩して他の責任、職務、個人に集中にしなければならなくなることも理解しています。再受賞しないコミュニティ リーダーがいたとしても、彼らはマイクロソフトのエコシステムの価値ある一員として認知されるに値すると確信しています。

MVP Reconnect を発表できて光栄です! このプログラムは、かつての MVP 全員に参加資格があります。

参加資格

このプログラムは、専門知識によるのか、アワードのカテゴリによるのかは関係なく、少なくとも 1 年間の MVP アワードの受賞経験のある方であれば、かつての MVP 全員に参加資格があります。メンバーは優良な状態である必要があります。つまり、倫理規定や NDA の違反は許されません。

多様な人々が関わると、ネットワーキングの影響が増大し、これまでは不可能だった独自の機会を生むことができると確信しています。

簡単に言うと、かつての MVP の方はぜひご参加ください!

参加すべき理由

MVP Reconnect が、他のコミュニティ リーダーやマイクロソフトと連絡を取り合うための公式のチャネルになります。独占的なネットワーキング チャネル、イベント、および非公開のディスカッションや、ローカルおよびグローバルのイベントに参加する機会を与えられます。

テクニカル コミュニティに対する活動を一時的に控えても、つながり続けると、現役の MVP として今後の認知を得るうえで良好な地位を確保できます。MVP プログラムとの長い歴史をお持ちの場合は、経験を共有し、他のメンバーを指導することで、MVP アワードが提供できるすべての機会を最大限まで活用できます。

これは、マイクロソフトからコミュニティへのプログラムではなく、マイクロソフトとコミュニティが共同で活動してさらに大きい影響力を生み出すプログラムです!このような理由から、共同管理手法を利用することにして、諮問委員会を設置しています。5 人から 10 人のメンバーがこの委員会に所属し、彼らがコミュニティを代表する責任者となり、MVP Reconnect プログラムの絶え間のない進化を主導します。マイクロソフトと提携してプログラムの新しい特長を定義し、フィードバックを集約して、メンバーの優れた新しいアイデアを評価します。定期的な選挙により、新しい委員会メンバーを選抜します。真のコミュニティの一員として新しいアイデアの推進、コミュニティの構造の形成、今後のプログラムの構築に、諮問委員会の代表を通して参加できるようになります。

プログラムの承認を得た方には、感謝の気持ちを込めてささやかな品物をお贈りします。

参加方法

このプログラムはかつての MVP 全員に参加資格があります。こちらでメンバーシップ 要求フォームに入力すると、プログラムに参加できます。その後まもなく、公式の登録メールが届きます。在籍期間中に使用した MVP ID と第 1 電子メールを入力すると、迅速に検証プロセスが行われます。

ご不明な点については、mvprec@microsoft.com まで気軽にお問い合わせください。#mvpreconnect ハッシュタグを使用してソーシャル メディアでマイクロソフトをフォローしてください!