MVP Reconnect とは

"このプログラムは、信頼できるコミュニティとつながり続けて今までどおりフィードバックをもらえる、非常に良い方法だと思います。一度 MVP になれば、常に MVP です。"ドイツ、Lars Keller – 当プログラムのかつての MVP (7 年間在籍)

MVP Reconnect とは

"この MVP プログラムでは、今後も続く最高の友達に出会えます!Reconnect を利用すると、このような交友関係を永久に維持できます!"スウェーデン、Magnus Mårtensson – 当プログラムの MVP (4 年間在籍)

MVP Reconnect とは

"MVP Reconnect について私が特に興奮しているのは、MVP プログラムから離れるときに、仲間に「さようなら」ではなく「また会おう!」と言えるようになったことです。プログラムを離れる人にとって、仲間の MVP と緊密な関係を維持する機会が与えられるのは素晴らしいことです。最終的に、戻ってくる機会にもなります!"ブラジル、Igor Abade V. Leite – 当プログラムの MVP (10 年間在籍)

MVP Reconnect とは

"2004 年から MVP プログラムの一員ですが、あれ以来多くのことが変わりました!自分が継続的な進化の一端を担い、MVP 自身の経験を向上させ、関係する全員にとって相互の利益を生む方法を見つけるということにわくわくします。"カナダ、Richard Campbell – 当プログラムの MVP (12 年間在籍)

MVP Reconnect とは

"MVP Reconnect は、MVP コミュニティが、マイクロソフトの目標に合わせて独自の方向性を形作る機会です。"アメリカ合衆国、Pat Tormey – 当プログラムの MVP (8 年間在籍)

MVP リコネクトとは

MVP リコネクトの沿革

Microsoft が約 1 年前に次世代の Microsoft MVP アワードについて発表した直後に、MVP アワード チームではこのプログラムの絶え間ない進化を維持することを公約に掲げました。この新しい "モバイル ファースト、クラウド ファースト" の世界では、よりアジャイルであることに加えて、お客様とパートナーの皆様に最高のエクスペリエンスを確実に提供することが私たちにとっての責務です。

そこで、私たちはこう自問しました。「次は何をする。」 私たちは手始めに MVP や他のコミュニティ リーダーの皆様からフィードバックを集め、次のようなコメントが寄せられました。

「MVP 経験者の中には、キャリアを重ね、現在では CTO や意思決定者になっている人がいる。そんな仲間をとても尊敬していて、講演を聴くようにしている。彼らの経験は偉大で、再びこのコミュニティでお会いできればうれしい。」

「MVP のネットワーキングやあの皆さんが懐かしい。あのエネルギーは独特だ。」

実際、アワード期間終了後も、このプログラムや仲間と引き続き連絡を取り合う方法を探している、と多くの MVP の皆様から長年にわたって声が寄せられてきました。

そこで、私たちは、Microsoft の従業員、現在の MVP、そして MVP 経験者で構成される作業グループを作りました。他のコミュニティと同様に、協力してブレインストーミング、議論、アイデアの草案を作成し、特色に優先順位を付けました。その数か月後、MVP リコネクト が誕生しました。これは、Microsoft や皆様がフォローしている、専門的なコミュニティとのつながりを保つために企画された新たな事業です。

このプログラムの背景にあるアイディアは、別の業界で例えると説明しやすくなります。オスカーは、映画業界における最も有名で格式ある賞の 1 つです。初めてオスカーを獲得したその瞬間から、その人物は極めて特別なコミュニティ、つまりアカデミー賞受賞者のコミュニティの一員になります。毎年受賞していなくても、このコミュニティには永久に所属することになります。

これは、現在私たちが正式な発足に向けてお手伝いさせていただいている MVP コミュニティの概念によく似ています。一度 MVP になれば、ずっと MVP コミュニティの一員なのです。

私たちは、MVP でいるために必要とされるある種のコミットメント、時間、情熱を理解しています。また、生活や優先順位が変わり、公私を問わず他の責任に重点的に取り組むため、時には休む必要があることも分かります。一部のコミュニティ リーダーは必ずしも再受賞されるわけではありませんが、Microsoft のエコシステムの一翼を担う貴重な存在として相応の表彰を受けるべきである、と私たちは考えています。

ここに MVP リコネクト発足をお知らせいたします。 このプログラムは、MVP 経験者全員に参加資格があります。

参加資格

このプログラムは、技術的な専門知識、アワードのカテゴリの別に関係なく、少なくとも満 1 年間の MVP アワードの受賞歴を持つ MVP 経験者全員に参加資格があります。メンバーは健全な状態、つまり過去に倫理規定や NDA の違反がないことが求められます。

多様な人々の参加によってネットワーキングの効果が高まり、これまで実現できなかったまたとない機会が生み出されると考えています。

MVP 経験者の方はぜひ奮ってご参加ください。

参加する理由

MVP リコネクトは、皆様が他のコミュニティ リーダーや Microsoft とのつながりを保つための公式のチャネルとなります。地域限定および全世界の各種オファリングをはじめとして、限定のネットワーキング チャネル、イベント、および非公開のディスカッションに参加する機会が与えられます。

一時的に技術コミュニティに対するコントリビューションのペースが落ちても、つながりを保ち続けることで、将来現役の MVP として表彰されるための良い位置を維持できます。MVP プログラムでの経歴が長い場合は、皆様の経験を共有し、MVP アワードによって提供されるあらゆる機会を最大限に活用するよう他のメンバーを指導することもできます。

このプログラムは、Microsoft からコミュニティに提供されるものではありません。Microsoft とコミュニティが共にこのコミュニティに貢献し、さらに大きな影響力を生み出すためのプログラムです。このような理由から、共同運営という手段をとることに決定し、諮問委員会を設置する予定です。この委員会には、5 人から 10 人のメンバーが所属し、コミュニティを代表する責任者となって、MVP リコネクト プログラムの絶え間ない進化をリードします。彼らは Microsoft と提携してプログラムの新しい特色を定義し、フィードバックをまとめて、メンバー向けの新しくて素晴らしいアイデアを評価します。委員会の新メンバーを選出するために、定期的な選挙が行われます。コミュニティの正式な一員として、皆様は諮問委員会の代表を通して、新しいアイデアの推進、コミュニティ組織の形成、今後のプログラムの構築に参加できるようになります。

プログラムの承認を得た方には、感謝の気持ちを込めて粗品をお送りいたします。

参加方法

このプログラムはMVP 経験者全員に参加資格があります。こちらでメンバーシップ リクエスト フォームに入力すると、プログラムに参加できます。その後まもなく、正式な登録メールで返信いたします。在籍期間中に使用した MVP ID とプライマリ メールをご提供いただくと、確認プロセスの効率が上がります。

ご不明な点については、mvprec@microsoft.com まで気軽にお問い合わせください。ハッシュタグ #mvpreconnect を使用して、ソーシャル メディアで Microsoft をフォローしてください。