Brian Harry, Microsoft Corporate Vice President

「彼らの非常に価値のある貢献をなくして、私たちの成功はあり得ませんでした。」 マイクロソフト 開発部門 副社長 Brian Harry ー MVP コミュニティについて

Panos Panay, Microsoft Corporate Vice President

「人々がどのように私たちの製品を使用しているかを肌で感じることは非常に重要です。何か良いことが MVP には起こったようですね。」 マイクロソフト Surface 部門 副社長 Panos Panay ー MVP Global Summit での MVP フィードバックについて

T.K. Rengarajan, Corporate Vice President

「高水準を保持するためにもフィードバックにご協力ください。それは私たちの支えであり、皆さまからの恩恵であると考えています。」 マイクロソフト データ プラットフォーム部門 副社長 T.K. Rengarajan ー MVP に向けて

Microsoft MVP とは?

Microsoft MVP と呼ばれる Most Valuable Professionalは、自身の技術専門知識を熱心にコミュニティと共有している技術エキスパートです。彼らは常に “最先端” に位置し、心躍る新しい技術に触れることに強い関心を持っています。また、マイクロソフト製品やサービスそのものだけでなく、多種多様なプラットフォームや製品、そしてソリューションを包括的に駆使ながら問題を解決する実用的な深い知識を有しています。そして、その情熱やコミュニティ魂、知識への探求心が彼らを動かし、類まれなる技術知識を持ってして、他のユーザーを積極的にサポートする。その姿勢こそが、彼らを MVP としています。

MVP 受賞者の声

MVP アワードとは?

Microsoft MVP アワードは、非常に優れたコミュニティ リーダーに感謝の意をお伝えするマイクロソフトの流儀として、20 年以上続いています。登壇からソーシャル メディアでの投稿、書籍執筆、オンライン コミュニティでのサポートといった多岐にわたる MVP のコミュニティ活動は、市場に大きな効果をもたらしています。数ある MVP の受賞特典の中には、マイクロソフト製品をいち早く入手できたり、弊社製品チームと直接やり取りできたり、シアトル近郊にあるマイクロソフト米国本社で毎年開催される MVP 限定の特別イベント Global MVP Summit に招待されたり、などの特典があります。また MVP 受賞者がお住まいの地域のニーズに応えられるよう、彼らをサポートする立ち位置にある地元のマイクロソフト チームとも非常に近しい関係を築いています。

最新情報はこちら

MVP になるためには?

極めてシンプルな 3 つのステップになります。1. エキスパートになること、 2. 自分が好きなことをたくさん行うこと、そして 3. それを私たちマイクロソフトに教えていただくことです。本当にこれだけで、MVP になるために他にチェックすべき事項はありません。特に 2 つめの「自分が好きなことをする」を徹底して行っていただくことが大切です。そして、ご自身がどれほど素敵なセッション スピーカーなのか、ブログを書く才能があるのか、技術コミュニティをリードしているか、ソーシャル メディアのスーパースターか、はたまた GitHub や StackOverflow のトップ コントリビューターか、もしくは他の方とはまるで違う素晴らしい方法でマイクロソフトの製品やサービスへの情熱を他のユーザーと共有しているかを、ぜひ私たちに教えてください。

ご自身または候補者を推薦する