タイトル

MVP アワードの技術構造

過去 20 年間にわたって、Microsoft MVP はマイクロソフトのテクノロジーのサポート、発展、採用において極めて重要な役割を担ってきました。現在では MVP の数は全世界で 4,000 人にのぼり、その多くが現在、オープンソースを含む複数のプラットフォーム、デバイス、およびテクノロジーにわたって設計、構築、革新し、包括的ソリューションの創出とそれを実行する他社のサポートを行っています。

このモバイル第一、クラウド第一の世界では、最先端のテクノロジーと絶え間ないイノベーションの中で MVP が行った、コミュニティでの広範な貢献を認知する機能が不可欠です。MVP アワードの構造はマイクロソフトの最優先事項と連携するように設計されており、それと同時に、イノベーション、市場の変化、およびコミュニティで現在行われている幅広い貢献の速度に対して敏捷になれるようになっています。

MVP はアワードのカテゴリで授与します。これには、多くの開発者と IT のプロが注力しているテクノロジー領域であるオープン ソースが含まれます。アワードのカテゴリは、永続性を確保し、これらのテクノロジー領域で MVP の幅広い貢献が認知されるように、概要レベルで特別に設計されています。これらは、アワードの各カテゴリの下の関連テクノロジーである貢献分野とも直接連携しています。貢献分野は動的に設計されるため、業界、製品、サービスの進化に伴って変更されることがあります。MVP の貢献に対してより素晴らしい分析情報も提供し、マイクロソフトの製品チームとの豊かな会話とより深いエンゲージメントを実現します。

MVP アワードの構造の主要な要素に認知があります。複数のテクノロジーにわたる分野に貢献している場合は、複数の MVP アワードのカテゴリで認識される機会があることになります。当社のコミュニティでは、このことにとても興奮しています!

MVP アワードのカテゴリ

新しいアワードのカテゴリと貢献分野の詳細は、以下のように、開発者と IT のプロの製品とサービスに焦点が合っています。


Award Category Microsoft Azure Windows Development Office Development Developer Technologies Data Platform AI
Contribution Areas
  • Azure App Service
  • Azure IoT
  • Azure Service Fabric
  • Enterprise Integration
  • Azure Compute (VM, VMSS, HPC/Batch, Cloud Services)
  • Azure Storage
  • Azure Networking
  • Azure Backup & Recovery
  • Azure Security and Compliance
  • Azure Container Services (Docker, Windows Server)
  • ARM & DevOps on Azure (Chef, Puppet, Salt, Ansible, Dev/Test Lab)
  • SDK support on Azure (.NET, Node.js, Java, PHP, Python, GO, Ruby)
  • Azure Stack
  • Azure Blockchain
  • Windows App Development
  • Windows Mixed Reality
  • Windows Hardware Engineering (IoT, Mobile, and Desktop)
  • Windows Design
  • W/X/P Development
  • Microsoft Graph
  • SharePoint Development
  • Microsoft Teams Development
  • Outlook Development
  • ASP.NET/IIS
  • .NET
  • C++
  • ALM
  • Developer Security
  • Visual Studio Extensibility
  • Front End Web Dev
  • Node.js
  • PHP
  • Python
  • Java
  • Unity
  • Xamarin
  • JavaScript/Typescript
  • Accessibility
  • Azure Data Lake
  • Azure Cosmos DB
  • Azure HDInsight and Hadoop & Spark on Azure
  • Azure Search
  • Data Warehousing (Azure SQL Data Warehouse, Fast Track & APS)
  • Azure Stream Analytics
  • Cortana Intelligence Suite
  • Information Management (ADF, SSIS, &Data Sync)
  • Power BI
  • SQL Server, Azure SQL Database & SQL Server on Linux
  • SQL Server Reporting Services & Analysis Services
  • SQL Server R Services & Microsoft R Server
  • Azure Database for MySQL
  • Azure Database for PostgreSQL
  • Cognitive Services
  • Azure Bot Service
  • Cognitive Toolkit
  • Azure Machine Learning

Award Category Cloud & Datacenter Management Enterprise Mobility Windows & Devices for IT Office Apps & Services Business Applications
Contribution Areas
  • Datacenter Management
  • PowerShell
  • Hyper-V
  • Storage
  • Networking
  • High Availability
  • Enterprise Security
  • Group Policy
  • Windows Server for Small & Medium Business
  • Linux on Hyper-V
  • Chef/Puppet in Datacenter
  • Container Management
  • Linux in System Center/Operations Management Suite
  • System Center Configuration Manager & Microsoft Intune
  • Identity and Access
  • Information Protection
  • Remote Desktop Services
  • Windows for IT
  • Surface for IT
  • Office 365
  • Exchange
  • SharePoint
  • Skype for Business
  • Yammer
  • Microsoft Teams
  • Access
  • Excel
  • OneNote
  • Outlook
  • PowerPoint
  • Visio
  • Word
  • OneDrive
  • Project
  • Microsoft Stream
  • Dynamics NAV
  • Dynamics GP
  • Dynamics 365
  • PowerApps and Flow

MVP アワード、MVP、および Microsoft に対するこれらの拡張によって、世界中の人々や企業でテクノロジーが最大限まで活用されやすくなります。